翻訳のための文法

PDFダウンロードはこちらから

 翻訳しているとき何となく気になるのだがそのまま放っておいた、文法の分かりにくい部分を考えてゆきます。試論のため、間違いがあるかもしれません。ご批判ください。


*考え方、文例など多くの英語指南書に負っている。とりわけ、ジーニアス英和辞典(大修館)、グローバル英和辞典(三省堂)、英文法詳解(学研)、ロイヤル英文法(旺文社)、誤訳の構造(吾妻書房)、英文法が通じない(研究社出版)、英文法がわからない(研究社出版)、受験英語禁止令(研究社出版)は大いに活用させてもらっている。

 

1回 asのいろいろ その@

        

[asの意味を品詞ごとに分類する]

 

1、副詞:同じ程度

 

Jim runs fast, but I run just as fast (as Jim [does(= runs)]).

asは副詞「その程度に」もっと詳しくいうと「それと同じ程度に」どれと同じ程度かというと、as以下の節。括弧内のasは接続詞「同じだけ」で、as Jim doesdoesが省略されJimだけが残り、前置詞に見えそうなこともある。

 

2、接続詞:(1)同じだけ(程度) (2)同じように(様態) (3)…なので(理由) (4)…の時、…につれて(時間) 他にもあるが、それらは演習にて説明する

 

(1)He is now as tall as his father (is) .

*前のasは副詞。後のasは接続詞。

「お父さんと彼の背の高さが同じ」といっている。

注意:

@必ずしも「二人が背が高い」ことを含意しない。段階形容詞 (長短・高低・老若・善悪など程度を示す形容詞tall—shortold—younggood—badhigh—low、など)は、測る尺度として上の方を用いる。日本語はこれが名詞で行なわれる(「背の高さ」「人の良さ」など)

AHehis fatherは完全に同じ背の高さではなく、Heのほうが少し高いのが予感される。

これはYou might as well throw your money away as lend it to him.(「彼に金を貸すくらいなら、投げ捨てたほうがましだ」)で、「投げ捨てる」ほうが優位なことでもわかるだろう。

 

(2)Do as you like.

「好きなようにしろ」

asは、様態を示す接続詞「…のように」。

 

(3)As I was sleepy, I went to bed.

「眠かったので、ベッドに行った(寝た)

asは、理由を示す接続詞「…なので」。

 

(4)It started to rain just as we got there.

「そこにつくや雨が降り出した」

asは、時を示す接続詞「…(した)とき」。justは、強調。

 

One becomes silent as he grows old.

「歳を重ねるにつれ、人は寡黙になる」

asは、時間の幅を示す接続詞「…につれて」。

 

3、関係代名詞:(1)…するところの (2)それは…であるが

 

(1)…するところの(such, the same, asと結びついて)

You should teach the students such things as will be useful in later life.

「後の生活に役立つことを学生に教えるとよい」

asは、such asの相関詞。asは、関係代名詞「…するところの〜」。「役立つような」と訳すと、そういった類のこと、と取られてしまうのでよくない。The things will be useful in later life.なのだ。shouldは、本来「お勧め」「アドヴァイス」の意味なので、「すべき」とすると、強すぎる。later lifeは、晩年。

 

(2)それは…であるが(非制限用法)

As appears from this essay, he is well versed in French literature.

「このエッセイからわかるように、彼はフランス文学に造詣が深い」

asは、関係代名詞の非制限用法「そしてそれは…」。asの先行詞は、カンマ以下の節全体。

 

4、前置詞:(1)…として (2)…であると

 

(1)She is famous as an essayist.

「彼女はエッセイストとして有名だ」

asは、前置詞「…として」。副詞的に前の形容詞famousを修飾する。

 

(2)We regard him as honest.

「我々は彼を正直だとみなした」

asは、前置詞「…であると」。himを通り越して副詞的にregardに掛かる(regard as の連語)

 

[演習品詞を見極め、訳をつける]

 

1

@That impressed me as a child.

AHe worked as a slave.

He worked like a slave.

BHe was innocent as a child.

He was innocent like a child.

He was as innocent as a child.

CAs a young man, he taught English in Africa.

When he was a young man, he taught English in Africa.

 

2

@City life, as we know it, is at present unnatural and become increasingly so in modern conditions.

AIndustry, as you know, began in 1765, when

Industry [,as] we know it [,] began in 1765, when

BWe had completely misjudged the situation, as we later discovered.

CAs Europeans go, the English are not intellectual.

 

3

@It was difficult enough to keep myself from getting depressed as it was, without having even more solitary time on my hands.

AThe writer must present life as it is.

He is not satisfied with life as it is.

BDifficult as it is, the book is instructive.

Written, as it is, in plain English, the poem is easily understood.

But for these books, his mind never have developed as it is now.

I’d go with you if I were free, but as it is, I can’t.

If the scandal were true, it would be fatal to him: even as it is, his reputation is on the wane.

The market is bad enough as it is without a strike to make things worse.

 

4

@The case for a voluntary as opposed to a compulsory count is hardly a fresh one.

 

[演習の解説]

 

1

@That impressed me as a child.

「それは子供としての私を印象づけた」(直訳)→「それは子供のときの私に感動を与えた」

thatは、直前に述べられたことを指す。asは、前置詞「…としての」→(大人となった自分と比べて)「…の時の」。

「それは子供のように私を感動させた」(like《似た、の意味で》)はダメ。big city, as Tokyo(東京のような大都市)といった使い方はあるが、for instance(一例を挙げれば)の意味。The students in the room rose as one man.「一人の人間として」(appearing to be one manの意)→「一人の人間であるかのように」→「一人の人間のように」(この場合、たまたま「…のように」との訳がつくが、あくまで「似ている」ではないことに注意)→意訳「その部屋の学生たちは一斉に立ち上がった」。

 

AHe worked as a slave.

「彼は奴隷として働いた」

asは、前置詞「…として」

He worked like a slave.

「彼は奴隷のように働いた」

likeは、前置詞「…のように」

 

BHe was innocent as a child.

 「彼は子供のとき無邪気だった」

 asは、前置詞「…として」→「…の時」

He was innocent like a child.

「彼は子供のように無邪気だった」

likeは、前置詞「…のように」

He was as innocent as a child.

「彼は子供のように無邪気だった」

前のasは、副詞「同じくらい」(後のasと比べている)。後のasは、接続詞「同じように」でVC(was innocent)が省略されている。

 

CAs a young man, he taught English in Africa.

 「青年の頃、彼はアフリカで英語を教えていた」

 asは、前置詞「…として」→「…の時」

=When he was a young man, he taught English in Africa.

 「青年の頃、彼はアフリカで英語を教えていた」

 

2

City life, as we know it, is at present unnatural and become increasingly so in modern conditions.

「我々が知っているような都会生活は、現在不自然なものとなっており、現在の状況ではますますそうなってきている」

asは、接続詞「…のような」でCity lifeに掛かる。itは、City lifeas we know itの訳:「我々がそのようなものとして認識している(都会生活)」→「我々の知っている(都会生活)

 

Industry, as you know, began in 1765, when

「ご承知のように、産業は1765年に始まり、その時…」

asは、関係代名詞。先行詞はIndustry began in 1765

Industry [,]as we know it [,] began in 1765, when

asは、接続詞「…のような」でIndustryに掛かる。itは、Industryas we know it

訳:「我々がそのようなものとして認識している(産業)」→「我々の知っている(産業)

 

We had completely misjudged the situation, as we later discovered.

「あとでわかったのだが、我々は状況を完全に見誤っていた」

asは、関係代名詞(which)

 

CAs Europeans go, the English are not intellectual.

 「ヨーロッパ人にしては、イギリス人は知的でない」

 「ほかのヨーロッパ人のようには、イギリス人は知的ではない」

 asは、接続詞「…として」「…にしては」「…の割りに」。

 

3

It was difficult enough to keep myself from getting depressed as it was, without having even more solitary time on my hands.

「手に余るより一層の孤独の時間を持っていなくても、このままでも、落ち込んだ気分にならないよう自分を保っていることは十分にむずかしかった」

asは、接続詞「…のように」。itは、漠然とした状況を示す。カンマは付加的に続けるしるし。evenは、強調の副詞。as it isは、「状況が存在するように」→「今のままでも」

 

The writer must present life as it is.

「作家は人生を、人生が(現に)存在するように示さねばならない」→「あるがままに示さねばならない」

asは、接続詞「…のように」副詞的にpresentに掛かる。itは、lifepresent A as Bの形(ABのように示す)

He is not satisfied with life as it is.

「彼は、人生が(現に)存在するような人生に満足していない」→「あるがままの人生に」

asは、接続詞「…のような」形容詞的にlifeに掛かる。

 

Difficult as it is, the book is instructive.

「その本は難しいが、教育的である」

形容詞+as SVは、譲歩の構文「…ではあるが」(though it is difficult)itは、the bookasは、接続詞。

Written, as it is, in plain English, the poem is easily understood.

「現に、やさしい英語で書かれているので、その詩は理解しやすい」

asは、接続詞。as it isは、「実際のところ」(それが現に存在するように)itは、the poem

But for these books, his mind never have developed as it is now.

「これらの本がなかったら彼の心は、心が現在存在するように発展してはいなかった」 →「今のように成長しなかったはずだ」

asは接続詞。ithis mind

I’d go with you if I were free, but as it is, I can’t.

「暇があれば君についてゆくのだが、実のところ、無理だ」

asは、接続詞。as it isは、イディオム「実のところ」(状況が現に存在するごとく)itは、漠然とした状況。

If the scandal were true, it would be fatal to him: even as it is, his reputation is on the wane.

「もしそのスキャンダルが本当なら、彼にとって致命的だ。いまのままだって、彼の名声は衰えているのだから」

asは、接続詞。itは、漠然とした状況(状況が現に存在するように→今のままでも)

The market is bad enough as it is without a strike to make things worse.

 「市場は、事態をさらに悪くするストライキがなくても、いまのままでも十分に悪い」

 asは、接続詞。itは、漠然とした状況。

 

4

@The case for a voluntary as opposed to a compulsory count is hardly a fresh one.

 「強制集計に対する自主的集計はほとんど目新しいものではない」

 asは、opposedを名詞的と考え前置詞「…として」とするか、is (opposed)の省略と考え関係代名詞とするか…。いずれにせよ、意味は変わらずas opposed toでイディオム「…に比べて」「…と対照して」。onea count

 

 

第二回 asのいろいろ そのA

          

演習(512)

 

5

@Diligent as he is, he is poor.

AIt was as still as it was dark.

 

6

@He is as honest as his brother is.

AHe is as honest as he is kind.

BHe is as greedy as a pig.

CHe is as happy a man as ever lived.

DHe is as happy as any man alive.

EHe is as happy as happy can be.

FHe has as much chance of success as his lazy brother.

 

7

@Save as much you can.

AShe gave him as much money as she had.

BI love you as much as he does.

CThis is as much as to say that I am a liar.

DIt is as much as I can do to keep out of debt.

EThis is as much as I can bear.

FThe matter is as good as decided.

GHe is kind as well as sensible.

HHe smiled at me as much as to say “Thank you.”

IShe seemed just as glad to see him as if he had been an old friend.

 

8

@He is not, as he declared, a genius.

AHe is, as he declared, not a genius.

BThe aim of science is to foresee, and not, as has been understood, to understand.

CTaro is not sick, as you all know.

Taro is sick, as you all know.

Taro, as you all know, is sick.

As you all know, Taro is sick.

 

9

@Ostriches do not fly, as I thought.

Ostriches do not, as I thought, fly.

As I thought, ostriches do not fly.

Ostriches do not fly, as you claim.

AHunger has nothing to do with an empty stomach, as most people believe.

 

10

@Drowning is not so pitiful as the attempt to rise.

 

11

@Poetry has been regarded as important, not simply as one of alternative forms of amusement, as one man might choose skating, another chess, and another poetry.

 

12

@You may as well go at once.

ATaro is as tall as Jiro (is tall).

BI paied as much as 10000 yen.

CI want to marry so nice a girl as Rachel.

I want to marry a girl as nice as Rachel.

I want to marry a girl like Rachel.

 

演習の解説(512)

 

はじめに:

5つの原則を次に示す。解説では時によりこれらの説明が省かれることがあるのを承知ください。

比較文中に尺度として用いる形容詞は、程度が上のほうのもの(「高い」「多い」など)を使う。

比較文中の形容詞は尺度であって、「高さ」「多さ」などを含意していない。

但し、文の流れや常識から「高い」「多い」などと読めることもある。

また、明らかに「低い」「少ない」を意図しているとき、低位の形容詞を用いることがある。

as as S Vの形では、前のasは「それほど、同じだけ(後のasと比べて)」の意味の副詞、後のasは「…であるように、同じように」の意味の接続詞。

 

5

@Diligent as he is, he is poor.

 「勤勉だが、彼は貧しい」

 asは、接続詞「…のように」。形容詞+as SVで、譲歩の構文「…ではあるが」。

 (=Though he is diligent, he is poor.)

 

AIt was as still as it was dark.

 「静寂の程度は、暗闇の程度と同じであった」

 前のasは、副詞「同じ程度」、後のasは接続詞「同じように」。

 分解すると、It was still. It was dark.このふたつの程度が同じだと言っている。itは、周囲の状況。他の例:Socrates was as wise as he was ugly. (ソクラテスは醜さも賢さも共に群を抜いていた)

  cf. It was as still as dark.( 暗闇のように静かだった)

  前のasは副詞「それだけ」、後のasは接続詞「…のように」(as dark is still)

    *元の文との対照例として敢えて挙げたが、実際はdarkstillであるとの常識がないので、この文は成立しない。

 

6

@He is as honest as his brother is.

「彼は兄と同じくらい正直だ」

 正直さに関して、彼と彼の兄を比べ、同等だといっている。便宜的に分解すれば、He is honest. His brother is honest.前のasは、副詞「同じだけ」、後のasは接続詞「同じように」。

honestは指標(何の点で比べるか)として用いられているので、必ずしもHehis brotherが「絶対的に正直」といっているわけではない(二人の正直度は、きわめてなのか、そこそこなのか、少しなのか、場合によってはゼロなのか、は文脈に依拠する---このことは、他の例にも当てはまるのに注意のこと)

 

AHe is as honest as he is kind.

「彼の正直さは、彼の親切さと同じくらいだ」

 彼に関し、その正直さと親切さを比べ、同等だといっている。He is honest. He is kind. honestkindの程度が同じ。前のasは、副詞「同じだけ」、後のasは、接続詞「同じように」。

 

BHe is as greedy as a pig.

 「彼は豚と同じく貪欲だ」

 He is as greedy as a pig is greedy.が完全な文。He is greedy. A pig is greedy. その程度が同じだが、豚は常識として「貪欲」であるから、彼も「貪欲」ということになる。前のasは副詞「同じだけ」、後のasは接続詞「同じように」。

 

CHe is as happy a man as ever lived.

 「彼はこれまで生きていた(どんな)人とも同じく幸せだ」→「彼はこの上なく幸せだ」

 as as −は相関詞で、〜内の単数不定冠詞と形容詞は語順が転倒する。副詞である前のasが修飾する形容詞をすぐそばに引っ張るため。前のasは副詞「同じほど」、後のasは関係代名詞「…するところの」

 

DHe is as happy as any man alive.

 「彼はいま生きているどんな人とも同じく幸せだ」→「彼ほど幸せな人はいない」

 He is happy. Any man alive is happy. Heany manhappyの点で比べている。

 理屈では、「どんな人とも同じ」だから、彼以外で一番幸せな人と彼の二人が、ともに最高に幸せなはずだが、そうすると日本語としてまとまらないので意訳する。

前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

EHe is as happy as happy can be.

 「彼は幸せが存在できるのと同じく幸せだ」→「彼はこの上なく幸せだ」

 He is happy. Happy can be happy.  Hehappy(名詞:幸せ)を、happy(形容詞:幸せな)の点で比較している。前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

FHe has as much chance of success as his lazy brother.

 「彼は彼の怠惰な弟が持っているのと同じ程度に成功のチャンスがある」→「彼は怠惰な弟と同じく成功のチャンスがない」

 He has much chance of success. His lazy brother has much chance of success.

  彼と彼の弟に関して、成功のチャンスを比較し、それが同程度といっている。彼の弟はlazyなのだから当然成功のチャンスはないはず、それと程度が同じなのだから、彼も成功のチャンスはない。前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。6、@ほかでも言ったが、muchが「多さ」を含意しないのは、上記の分解した二文でもわかる。程度を表す形容詞(段階形容詞)は、比較を示す言葉として程度の高いほうを用いる(日本語なら名詞でいうところ「高さ」「多さ」など)。前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

7

Save as much you can.

「できるだけ倹約しなさい」

as as can(またはas as possible)はイディオムで、「できるだけ…」。asは副詞「それだけ」。ここはその変形で、あとのas(接続詞)が脱落したもの(または、as much自体を名詞「同量」ととる)as muchmuchは通例「多量」を含意しないが、can(できる、ありうる---能力・可能性)があるため、この場合「多く」を意味する。

 

AShe gave him as much money as she had.

 「彼女は彼に彼女が持っているのと同量の金を与えた」→「彼女は彼に持っているだけ

 の金をあたえた」

 前のasは、副詞「同じく」。後のasは、接続詞「…と同じに」

 

BI love you as much as he does.

 「私は彼があなたを愛しているのと同じぐらいあなたを愛している」→「私は彼に劣らずあなたを愛している」

 前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。I love you (much). He loves you (much). Iheを、youloveする程度を比べ、それが同じだといっている。前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。doesは代動詞(love)

 cf. I love her as much as youは二つにとれる。youを主格とみれば(you love her)「私も彼も彼女を愛している」、youを目的格とみれば(I love you)「私は君も彼女も愛している」となる。

 

CThis is as much as to say that I am a liar.

 「これは、私がうそつきだと言うようなものだ」

 This is much. To say that I am a liar is much.(便宜的な分解) thisto say that を、その真実の程度(much:形容詞)を比べ、同じだといっている。前のasは、副詞「それだけ」、後のasは接続詞「同じように」。muchは、「量の多さ」でなく「程度の基準」を示す。as much as to say は、イディオムで「…と言うようなもの」

 

DIt is as much as I can do to keep out of debt.

 「借金をしないでいることは私がすることのできる同量(最大限)である」→「借金しないでいるだけで精一杯です」

 itto以下を指す。as much as can7、@と同じイディオム「…しうる最大限」

 前のasは副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

EThis is as much as I can bear.

 「これは私が耐えることのできる同量(最大限)です」→「これ以上耐えられません」

 これもDと同じイディオム。前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

FThe matter is as good as decided.

 「これは決まったも同然だ」

 as good as はイディオム「〜も同然」(このgoodは「よい」ではなく「有効な」の意味)。前のasは副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。The matter is good. The matter is decided. 元の文をしつこく書けば、The matter is as good as the matter is decided.

 

GHe is kind as well as sensible.

 「彼は賢明であると同様に親切である」

 He is kind. He is sensible. Hekindさとsensibleさを比べ、それが同じと言っている。

as well as 〜はイディオム「〜と同様」(wellは副詞「十分に」)。前のasは、副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

HHe smiled at me as much as to say “Thank you.”

 「彼は『ありがとう』とでも言うかのように私に微笑んだ」

 無理に二文に分解すれば、He smiled at me (much). He is to express his thanks (much).

 as much as to say はイディオム「…と言わんばかりに」。前のasは副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

IShe seemed just as glad to see him as if he had been an old friend.

 「彼女はあたかも彼が旧友であるかのごとく、彼を見てまさに喜んでいるように見えた」

 justは強調の副詞でgladに掛かる。as if(あたかも…かのように)は、as she would do so if (if以下であったら、彼女はそうするであろうように)の省略形。old friendは、「昔からの友人」「旧友」。前のasは副詞「同じく」、後のasは接続詞「同じように」。

 

8

@He is not, as he declared, a genius.

「彼が公言するのとちがって、彼は天才ではない」

  as he declaredは挿入節。この挿入節はnotのあとにくると、主文(He is not a genius.)

 と反対の意味になる。asは、接続詞「(言う)ようには」。

 

AHe is, as he declared, not a genius.

 「自ら公言するように、彼は天才でない」

 挿入節がnotの前にくると、主文の内容の同意になる。asは、接続詞「(言う)ように」

 

BThe aim of science is to foresee, and not, as has been understood, to understand.

 「科学の目的は予見することであって、一般に考えられているように、理解することではない」

@またはCと同じ使われ方。asは、関係代名詞(and not to understand, as has been understood). asの先行詞はto understandunderstandがふたつの意味で使われているのに注意。

 

CTaro is not sick, as you all know.

「皆さんご存知のように、太郎は病気ではありません」

「皆さんの認識とはちがって、太郎は病気ではありません」

否定の主文の後にas SVがくると、主文を肯定するのか否定するのかあいまい。

asは、接続詞「…のように(−でない)」「…のようには(−でない)」

Taro is sick, as you all know.

「ご承知のように、太郎は病気です」

主文が肯定文なら、解釈はひとつに決まる。asは、接続詞「…のように」

Taro, as you all know, is sick.

「ご承知のように、太郎は病気です」これも同じ。asは、接続詞「…のように」

As you all know, Taro is sick.

「ご承知のように、太郎は病気です」これも同じ。

 

9

Ostriches do not fly, as I thought.

「私は飛ぶものと思っていたが、ダチョウは飛ばない」

「私が思っていたとおり、ダチョウは飛ばない」

ふたつに取れる。

Ostriches do not, as I thought, fly.

「私は飛ぶものと思っていたが、ダチョウは飛ばない」

As I thought, ostriches do not fly.

「私が思っていたとおり、ダチョウは飛ばない」

cf. Ostriches do not fly, as you claim.

「君は飛ぶなんていうが、ダチョウは飛ばない」

これは否定の主文のあとだが、claimなどと強い主張がきているので、自然、主文との

比となる。

 

AHunger has nothing to do with an empty stomach, as most people believe.

 「たいていの人はそう信じているが、実は飢えは空腹とは何ら関係がないのである」

 これも主文のあとだが、believeなどと強い思いがきているので、自然、主文との対比と

 なる。

 

10

@Drowning is not so pitiful as the attempt to rise.

「溺れることは、浮かぼうとする試みほど哀れなものではない」

 not so as −はイディオムで、「−ほど〜でない」。soは、副詞「それほど」。asは、

接続詞「同じく」(as the attempt to rise is pitiful.)

 

11

@Poetry has been regarded as important, not simply as one of alternative forms of amusement, as one man might choose skating, another chess, and another poetry.

 「詩は、ある人はスケートを、ある人はチェスを、またある人は詩を選ぶといったような、単に代替がきく娯楽の一形態としてでなく、重要なものと考えられてきた。」

 最初のasは前置詞「…として」、二番目のasも前置詞「…として」、三番目のasは接続詞「…のように」。全体を単純化すれば、We regard poetry as important, not as one of alternative forms of amusement.(SVOC, not C’)

 

12

@You may as well go at once.

「直ちにいったほうがいい」

may as wellはイディオム「…したほうがよい」

元々はmay as well as (−と十分同程度に〜→−するくらいなら〜したほうがよい)であったものが、後のas以下が略されたもの。それで「どうせ結果は同じだが」というニュアンスが含まれる。asは、副詞「同様に」。

 

ATaro is as tall as Jiro (is tall).

 「太郎は次郎と同じ背の高さだ」

 二人とも背が高い、とは限らない。tallは、高低の尺度として示されている(日本語なら「高さ」と名詞でいうところ)。前のasは副詞「同じ分」、後のasは接続詞「同じように」。

 

BI paied as much as 10000 yen.

 「一万円も払った」

 前のasは副詞「それだけ」muchは副詞「たくさん」(後に数詞(この場合、金額)がきているので、much は不定の数でなく「多く」の意味となる)後のasは前置詞「…として」または「たとえば…」。

 

CI want to marry so nice a girl as Rachel.

 「レーチェルのようなステキな女の子と結婚したい」

 「ような」と訳すがasは前後をイコールで結ぶ前置詞(「…として」)A nice girl=Rachel

I want to marry a girl as nice as Rachel.

これも上と同じ。前のasは副詞、後のasは前置詞。

I want to marry a girl like Rachel.

 likeは前置詞「…のような」(…に似た)。この場合、a nice girlRachel

like, as, suchの意味合いは辞書、解説書により微妙に異なる。ここは、ひとつの考え方を示した。

 

 

第三回 準動詞 その@

        

[準動詞を分類し、それぞれの役割を理解する]

 

不定詞、分詞(分詞構文を含む)、動名詞の三つを総称して準動詞(Verbals or Verbids)という。

 

その1 不定詞

動詞原形(Bare Infinitive)to+動詞原形(To-infinitive)の二つを不定詞という。

通常は、不定詞といえば、to-動詞原形を指す。

 

名詞的用法:「…すること」

He wanted to read the book. 彼は本を読むことを望んだ。

it toの構文もこの一種。

 

形容詞的用法:「…するための」

Give me something to drink, please. どうか、飲むためのもの(飲み物)を下さい。

「…するための」はおおまかな訳語であり、もう少し細かい訳語をつけたくなる場合がある。

・義務:「…すべき」

I have some letters to write. 書くべき手紙がある。

・同格:「…という」

his decision to go 行くという決心。

・充足:「…するに足る」

Tokyo is a good place to live. 東京は住むに足る場所です。

 

副詞的用法:「…するために」

He went to the station to meet her. 彼女を出迎えるために駅に行った。

「…するために」はおおまかな訳語であり、もう少し細かい訳語をつけたくなる場合がある。

・原因・理由:「…して」「…するとは」

I am glad to see you. 会えてうれしい。

*感情を示す言葉が前にあるときに多い。

・結果:「(―して)…になる(する)

I woke to find all this a dream. 眼を覚ましたら夢だった。

*前後に意外性があるときに多い。

 

be to動詞原形:

形容詞的用法に分類され、可能・義務・運命・命令・予定をあらわす。

I am to leave next week.  来週出発の予定。

if節中に用いられると、意図・目的になる。

「…すること」(名詞的用法)「…するために」(副詞的用法)のこともある。

It was to avoid unnecessary trouble. それは面倒をさけるためだった。

 

その2 分詞

分詞(Participle)は動詞からつくられ、現在分詞(Present Patrticiple)と過去分詞(Past Participle)の二つがある。ともに、動詞と形容詞の働きを併せ持つ。

分詞=動詞+形容詞

分詞構文=動詞+副詞

動名詞=動詞+名詞

と覚えるのが簡便。分詞構文なのか分詞なのか区別がつきにくいこともあるが、翻訳にはまず支障がないので、類別を突き詰めないほうがよい。

分詞がひんぱんに使われ、現在分詞形および過去分詞形の形容詞と捉えたほうがよい場合もあるが、これも類別にこだわらないほうがよい。

 

現在分詞

一般的な訳語

「…する」「…している」

The man making a telephone call should first give his name. 

電話をかける人は、最初に自分の名前を言うべきだ。

*「…する」なのか「…している」なのかの判断は、文脈依拠。

 

前から名詞を修飾する場合

自動詞の現在分詞:「…する、している」

a dreaming beauty 眠れる美女

他動詞の現在分詞:「(人を)…させる、する」

an interesting person 人に興味を起させるひと→面白いひと

 

過去分詞

自動詞の過去分詞:「…してしまった」(完了)

fallen leaves 落ち葉

他動詞の過去分詞:「…された、される、されている」

books read in the room 部屋で読まれる本

*どの訳語を選択するかは文脈依拠。

 

その3 分詞構文

句でありながら接続詞が導く節と同じ働きをするのが分詞構文(Participial Construction)。副詞と動詞の要素を併せ持つ。

 

時を示す:「…すると」「…しているとき」

Looking out, I saw a big dog. 外を見ると、大きなイヌが見えた。

 

理由・原因を示す:「…なので」「…だから」

Not knowing what to say, I remained silent. 何といってよいかわからずに、黙っていた。

 

付帯状況を示す:「…しながら」「そして…」

He spent the evening reading a novel. 小説を読みながら、夜を過ごした。

 

条件を示す:「…すると」「…すれば」

Turning to the left, you will see a large building. 左へ曲がると、大きな建物がみえます。

 

譲歩:「…しても」

Admitting what you say, I still think you are in the wrong. 

君のいうことを認めるにしても、やはり君が悪いと思う。

 

その4 動名詞

原形動詞にingを加えた形(分詞のing形とかたちは同じ)。「…すること」と訳せ、動詞の意味と名詞の意味をあわせもつ。

 

例:Seeing is believing. 見ることは信じることである→百聞は一見に如かず。

動名詞だけでは、時制(過去・現在・未来)はわからない。主文の中心となる動詞とのかかわりを見て、判断する。

 

[細かいニュアンスや例外的な意味を演習で学ぶ]

 

1.(a)I found her frightened.

(b)I found her frightening.

 

(解説)

ともにSVOCの文型。OCの間にSVの関係が成り立つ。

She was frightened. She was frightening.

他動詞の過去分詞は「…される」だが、この場合frightenedは形容詞化して「恐がって」の意味。他動詞の現在分詞は「人を…させる」。「ひとを恐がらせる」

(a)彼女は恐がっているのがわかった。

(b)彼女はおっかなそうだった。

 

2. (a)He was shaking with cold.

  (b)He was much shaken by the news.

 

(解説)

(a)は目的語をとっていないから自動詞。自動詞のshakeは「揺れる、震える」。(b)は他動詞「…を動揺させる」の受動態。

(a)彼は寒さで震えていた。

(b)彼はその知らせを聞いて動揺した。

 

3. I met a rather maddening woman called Mrs Barlow at the Oxfam office.

 

(解説)

ratherは不満足な気持ちを示し、「割と、かなり」。maddeningは、他動詞の現在分詞「人を恐がらせる」→「おっかない」

訳:私はオクスファンの事務所で、バロー夫人とかいうちょっとおっかなそうなオバサンに会った。

 

4. a terrified look

  a terrifying look

 

(解説)

他動詞の過去分詞(恐がらせられている)と現在分詞(人を恐がらせる)の違い。

(a)恐がっている顔つき

(b)恐そうな顔つき

 

5. an annoyed woman

  an annoying woman

 

(解説)

annoyedは、他動詞の過去分詞が形容詞化したもの。悩ませられる→いらいらした。

annoyingは、他動詞の現在分詞が形容詞化したもの。人をいらつかせる→腹立たしい。

(a)悩んでいる女

(b)頭にくる女

 

6. He was in rare stupefying form.

 

(解説)

他動詞stupefy「人を呆然とさせる」の現在分詞。inは、状態を示す前置詞。formは、調子。

訳:彼は得意絶頂といった体だった。

 

7.(a) a boring book

  (b)a promising youth

  (c)a telling blow

 

(解説)

このboringは他動詞「人を退屈させる」が形容詞化。

このpromisingは他動詞「ひとに(何かを)約束する」が形容詞化。

このtellingは自動詞「効き目がある」が形容詞化。

(a) 退屈な本

(b) 前途有望な若者

(c) 有効な一撃

 

8. (a)She tried to eat less.

  (b)She tried eating less.

 

(解説)

原則@:to不定詞は、現在から未来のことをあらわし、動名詞は過去から現在のことをあらわす(と考えて、八割以上通用する。以下の原則の適応可能性も同じ確率)

(a)彼女は減食しようとした。(実現したかどうかはわからない)

(b)彼女は試しに減食した。

 

9. Take, for instance, the first time I tried spending a night with a man in a hotel.

 

(解説)

これも、上の原則があてはまる。

訳:私がためしに男とホテルで一晩過ごした最初のときを例にとろう。

 

10.(a) I hate to say it, but I don’t like your plan.

   (b)I hate saying good-bye.

 

(解説)

原則A:to不定詞は個別的なことを、動名詞は一般的なことをいう。

(a)言いたくないが、君の計画はいいと思わない。(個人的見解)

(b)別れをいうのはいやなものです。(一般論)

 

 

第四回 準動詞 そのA

        

11. (a)He went on pointing out their mistakes.

   (b)He proceed to point out their mistakes.

 

(解説)

go on ingはイディオム「(同じことを)…し続ける」。proceed to doは「続いて(新たに)…する」。

(a)彼は彼らのミスを指摘し続けた。

(b)彼はこんどは彼らのミスを指摘しだした。

 

12. There is always something to be said for remaining ignorant of worst.

 

(解説)

remainingは動名詞「…のままでいること」。forは前置詞で、是認・賛成を示す。somethingは「よいこと」例:There is something in what she says.(彼女の言う事には一理ある)

直訳:最悪のことを知らないままでいることを擁護して言われるべき何がしかのことが常に存在する。

意訳:最悪のことを知らないままでいるのがよいこともあるのだ。

 

13. A woman who has had the good fortune or the misfortune to live with a true artist cannot --- forgive me the expression --- go to bed with a simple man.

 

(解説)

to liveは、形容詞用法のうちの同格(暮らすという幸・不幸)用法。

訳:幸か不幸か、真の芸術家と暮らした女は---こんな言い方をするのを許してください---ありきたりの男と寝るなんてできなくなるの。

 

14. (a)He had the kindness to show me the way.

   (b)He had the imprudence to answer back.

 

(解説)

ともに形容詞用法。(a)は充足用法(示すに足るだけの親切。同格用法ともとれる)(b)は同格用法(答えるという無遠慮)

(a)彼は親切にも道を教えてくれた。

(b)彼は無作法にも口答えした。

 

15. But she was too conventional a person not to feel painfully guilty and embarrassed at her situation.

 

(解説)

too toの構文のあとの部分がnot toとなっている。

訳:だが彼女はとても古風な人間なので、自分の立場に当惑と自責の念を感じざるをえなかった。

 

16.(a)Advice is to taken thankfully.

   (b)Nothing was to be seen in the dark.

   (c)If you are to succeed, you must work hard.

   (d)He was never to see his mother again.

 

(解説)

be to不定詞のうち、(a)は義務、(b)は可能、(c)は意図・目的、(d)は運命。

(a)忠告はありがたく受けねばならない。

(b)暗闇で何も見えなかった。

(c)成功しようとすれば、一生懸命働かなければならない。

(d)彼は二度と母親に会えないこととなった。

 

17. You must be a fool to believe such a thing.

 

(解説)

副詞的用法のうち、foolなどと、強い感情を示す語が使われ、原因・理由を示す(…するなんて)

訳:そんなことを信じるなんて、君はバカじゃないのか。

 

18. (a)It must hurt him to talk like that.

   (b)He must be hurt to talk like that.

 

(解説)

(a)it toの構文。to不定詞は名詞的用法。訳:そんな話し方をするのは、彼を傷つけるにちがいない。→そんな話し方をするのは、彼の心に痛みを伴うにちがいない。

(b)このto以下は原因・理由(判断の根拠)to以下の行為者はHe。訳:そんな話し方をするなんて、彼は傷ついているにちがいない。

 

19. (a)My hobby is collecting stamps.

   (b)My dream is to visit Italy.

 

(解説)

動名詞は、現在実際にやっていること。不定詞はこれからやろうとすること。

(a)私の趣味は切手収集です。

(b)私の夢はイタリアに行くことです。

 

20. (a)I am afraid of going.

   (b)I am afraid to go.

 

(解説)

(a)は「行くのが恐い、恐くていけない」、(b)to不定詞の副詞的用法(…する点で)「行かなきゃいけないかと恐れている」

 

21. (a) I am used to driving a car.

   (b)The pedal is used to drive a car.

   (c)He used to drive a car.

 

(解説)

(a)はイディオム(be used to + 名詞。usedは形容詞《慣れた》。toは前置詞)で「…に慣れている」。

訳:私は車の運転に慣れている。

(b)は動詞use(使う)の受動態。

訳:ペダルは車の運転に使われる。

(c)はイディオム(use to 《よく…したものだ》)

訳:彼は昔はよく運転したものだ。

 

22. (a)Remember to close the windows before you go out.

   (b)I remember meeting her at a party once.

   (c)Don’t forget to mail this letter.

   (d)I’ll never forget visiting Italy last spring.

 

(解説)

to不定詞か動名詞かの問題。

(a)は現在から未来のこと。訳:出かける前に忘れずにドアを閉めてください。

(b)は過去から現在のこと。訳:彼女とはいちどパーティで会ったのを覚えている。

(c)は現在から未来のこと。訳:この手紙を投函するのを忘れるな。

(d)は過去から現在のこと。訳:私は昨春イタリアを訪れたことを決して忘れない。

 

23. I am sorry to have hit you yesterday.

 

(解説)

原因・根拠をあらわすto不定詞(…したという点で)

訳:昨日は君を殴って済まなかった。

 

24. (a)The book is easy to read.

   (b)This pond is not safe to swim in.

 

(解説)

(a)to不定詞(副詞用法)は主語であるthe bookを目的語としている。

訳:その本は読みやすい。

(b)to不定詞も副詞用法。swim in(自動詞+前置詞)が他動詞化し、主語のthis pondを目的語にしている。訳:この池は泳ぐのに安全ではない。

 

25. (a)a falling leaf

   (b)a fallen leaf

   (c)a leaf that falls

 

(解説)

(a)は自動詞の現在分詞形の形容詞(…する、…している→落ちる、落ちてゆく)。訳:落ちてゆく葉っぱ(落ち葉)

(b)は自動詞の過去分詞形の形容詞 (完了を示す→落ちた。)。訳:落ちてしまった葉っぱ(落ち葉)

(c)は現在の事実・真理・習慣(そういう類のもの)。訳:落ちる葉っぱ(落ち葉)

 

26.(a) an exciting story

   (b)an excited story

   (c)an interesting story

   (d)a stolen bag

 

(解説)

(a)は、他動詞の現在分詞形の形容詞(ひとを…させる)。ひとを興奮させる物語→訳:心躍る物語。

(b)は、非文。他動詞の過去分詞形の形容詞(…させられる、させられた)。×興奮させられる物語(物語が興奮させられるわけがない)cf. an excited audience(興奮させられた観衆=an audience who is excited.→興奮した観衆)

(c)は、他動詞の現在分詞形の形容詞(ひとを…させる)。ひとを面白がらせる人→訳:面白い人。

(d)は、他動詞の現在分詞形の形容詞(…させられる、させられた)。訳:盗まれたバッグ

 

27. (a)I saw him cross the street.

   (b)I saw him crossing the street.

 

(解説)

(a)crossは、渡り始めから渡り終わりまでを含意する。訳:私は彼が通りを渡る(渡りきる)のを見た。

(b)crossingは、渡っている一時的な状態・行為を含意する。訳:私は彼が通りを渡っているところを見た。

 

28. I heard my name called.

 

(解説)

SVOCの構文。OCの間にSVの関係がある(my name was called)。訳:私は自分の名前が呼ばれるのを聞いた。

 

29. He got his bag stolen.

 

(解説)

S+get +目的語+過去分詞は、SOp.pされる、の意味となる。訳:彼は自分のバッグを盗まれた。

 

30. (a)I got her to cut my hair.

   (b)I had her cut my hair.

   (c)I got my hair cut.

 

(解説)

(a)get +O1+to do O2では、toが入ることにより間接的な感じとなり、行為に説得が必要なことを含意する。訳:私は彼女に(彼女をなだめすかして)髪を切ってもらった。

(b)haveは使役(当人に迷惑が及ぶ場合は、被害)を含意する。訳:私は彼女に私の髪を切らせた。

(c)get+Oppの形(…させる、してもらう)。訳:私は髪を切らせた。

 

 

第五回 準動詞 そのB

        

31. He was busy cleaning his room.

 

(解説)

訳は「彼は部屋を掃除するのに忙しい」と、難なくでるが、cleaningが気になる。本来であればHe was busy in cleaning his room.であるものが、inが脱落したと考えられる。inがあれば、前置詞+動名詞(in cleaningで「掃除する上で→時→していて」)inがないと、主語の付帯状況を示す分詞構文(掃除していて)と考えるべきか。

 

32. (a)I like swimming.

   (b)A boy swimming in the pool

   (c)Opening the door, he said good-by.

 

(解説)

(a)は、動名詞。「私は泳ぐことが好きだ」。

(b)は、現在分詞形の形容詞(分詞形容詞)。「プールで泳いでいる少年」。

(c)は、主語の付帯状況を示す分詞構文。「ドアを開きながら、彼はさよならと言った」。

 

33. (a)I like to swim.

   (b)I have something to do.

   (c)I’ve come to talk with you.

 

(解説)

(a)は、to不定詞の名詞的用法。「私は泳ぐことが好きだ」。

(b)は、to不定詞の形容詞的用法。「私はするための何かを持っている」→「私にはやることがある」。

(c)は、to不定詞の副詞的用法。「私はあなたと話すために来ました」。

 

34. (a)I told her to go.

   (b)I got her to go.

   (c)She was made to go.

   (d)I helped her to wash the dishes.

   (e)She was seen to run.

   (f)It’s important for you to go.

 

(解説)

(a)は、SVO to doの形。「SOdoせよと命じる」。「私は彼女に行くように言った」。

(b)は、SVO to doの形。SVO ingの形に比べ、toが入り間接的になるため、説得を含意する。「私は(説得して)彼女を行かせた」。cf. I got the machine running.(機械を始動させた)

(c)は、強制。「彼女は行かされた」。一般的に、letは放任(He let me go.勝手に行かせてくれた)makeは強制、getは説得、haveは依頼(迷惑をこうむる場合は、被害)

(d)は、間接的「彼女の皿洗いを手伝った(運ぶなどして)」。toが無くwashだと直接的「一緒に洗った」。

(e)は、受身になってtoが入ることで、間接的なニュアンス(走るのを直接見た、というよりも、気配で分かった、という感じ)

(f)は、通常この形で「forto不定詞の意味上の主語が次にくるのを示す印(…が〜するのは)」といわれるが、前にくる形容詞次第で、forが「…にとって」の意味になることもある。ここはふたつの解釈が可能「君にとって行くことは重要だ」「君が行くことは重要だ」。

 

35. (a)She came running.

   (b)He is reading a book.

   (c)Sitting in the sun, I still feel cold.

   (d)I saw her running.

 

(解説)

(a)は、SVCの構文(cameは不完全自動詞)。「彼女は走って来た」。runningの前にカンマがあれば、SV,+分詞構文となる(この場合のcameは完全自動詞。文の意味は変わらない)

(b)は、現在進行形。「彼は本を読んでいる」。

(c)は、付帯状況を示す分詞構文。「陽にあたりながら、私はまだ寒さを感じる」。

(d)は、SVOCの構文。OCの間にSVの関係がある(she is running)。「私は彼女が走っているのを見た」。

 

36. (a)a dancing girl

   (b)I like reading.

   (c)I remember seeing her.

   (d)He denied meeting her.

 

(解説)

(a)は、分詞形容詞が名詞の前にきているので、永続的、分類的「踊り子」(いつも踊っている→踊るのが職業)

(b)は、動名詞「私は本を読むことが好きだ」。

(c)は、動名詞で、過去から現在のことを含意。「私は彼女に会ったことを覚えている」。

(d)も、動名詞。「彼は彼女に会ったことを否定した」。「否定した」より「会った」のは前だから厳密にはhaving metとなるべきところだが、そうしなくてもわかる《「会っているのを」だったら現場を見られているのにおかしい---もっとも電話などでなら、現況の否定もありうるが》ので時制が省略されている(これは普通に行なわれること)

 

37. (a)fallen leaves

   (b)boiled eggs

   (c)All the leaves have fallen.

   (d)The door is closed.

   (e)The work finished, he went home.

 

(a)は、自動詞の過去分詞で状態を示す「落ちてしまっている葉っぱ」→「落ち葉」

(b)は、ふたつにとれる。自動詞の過去分詞(完了・状態を示す)なら「うだってしまっている卵」。他動詞の過去分詞(受身を示す)なら「ゆでられた卵」(違いはなさそう)

(c)は、自動詞の過去分詞で結果・状態を示す。「すべての葉っぱは落ちてしまっている」。

(d)は、他動詞の過去分詞で全体を受身ととれば「扉は閉められる」。過去分詞形の形容詞又は自動詞ととれば「扉は閉まっている」。

(e)は、主文の主語と分詞構文の主語が一致しない「独立分詞構文」。「仕事が終ってしまうと、彼は家へ帰った」。

 

38.(a) To see is to believe.

   (b)Seeing is believing.

 

(解説)

(a)は、現在から未来を含意。「見てみれば信じることになる」→「百聞は一見に如かず」。

(b)は、過去から現在を含意。「見ているから信じられる」→「百聞は一見に如かず」。

 

39. (a)It’s hard to study English.

   (b)It’s hard studying English.

 

(解説)

(a)は、現在から未来を含意。「英語の勉強は、(やってみるとわかるが)大変なものだ」。

(b)は、過去から現在を含意。「英語の勉強は、(やっていてわかるけど)大変なものだ」。

 

40. (a)I made my son go to bed.

   (b)I got my son to go to bed.

 

(解説)

(a)は、強制。「無理やり息子を寝かせた」。

(b)は、説得。「なだめすかして息子を寝かせた」。

 

41. (a)His writing of a novel surprised us all.

   (b)His writing a novel surprised us all.

 

(解説)

(a)は、文語的(writingが名詞的働き)。「彼の小説の執筆は我々皆を驚かせた」

(b)は、口語的(writingが動詞的働き)。「彼が小説を書いたことは我々皆を驚かせた」

 

 

第六回 準動詞 C

     

42. (a)I saw a dancing girl in the room.

   (b)I saw a girl dancing in the room.

[解説]

前から名詞を修飾する形容詞は永続的・分類的。後から名詞を修飾する形容詞は一時的・個別的。

(a)は「私は部屋で踊り子を見た」。(b)は「私は部屋で踊っている娘を見た」。

 

43. (a)I saw his smiling face.

   (b)a baby crying in the room

   (c)a crying baby

[解説]

(a)は分類的「彼の笑顔を見た」。

(b)は一時的「部屋で泣いている赤ん坊」。

(c)は分類的「泣いてばかりいる赤ん坊」

 

44. (a)His speech is very boring.

   (b)His speech is boring us.

[解説]

他動詞の現在分詞形の形容詞は「人を…させる」。

(a)は「彼の演説はとても人を退屈させる→彼の演説はとても退屈だ」。

(b)は「彼の演説は我々を退屈させる」

 

45. They stood talking about it.

[解説]

talkingは現在分詞形の形容詞。この文型はSVC(stand《立つ》がbe《いる》の意味に近くなる)。便宜的にstand and talkと読み解くこともできる。

「彼らはそのことを立って話していた」または「彼らはそのことを話していた」。

 

46. (a)He walked out smiling.

   (b)She went running.

[解説]

smiling runningともに、付帯状況を示す分詞構文。

(a)は「彼は笑いながら去っていった」。

(b)は「彼女は走っていった」。

 

47. I went shopping.

[解説]

go ingで「…しに行く」(〜が買い物、レジャーの場合)

「私は買い物に行った」。

 

48. (a)an advanced student

   (b)a developed country

   (c)a retired teacher

[解説]

いずれも過去分詞形の形容詞。

(a)は「高等科生」。

(b)は「先進国」。

(c)は「退職教員」。

 

49. (a)drunken driving

   (b)a sunken ship

   (c)a rotten egg

[解説]

いずれも過去分詞形の形容詞。

(a)は「飲酒運転」。

(b)は「沈没船」。

(c)は「腐った卵」。

 

50. (a)The guest is gone.

   (b)The guests have gone home.

[解説]

be gonegoneは形容詞。したがって状態に力点(行ってしまって今いない)

have goneは現在完了。行為に力点。

(a)は「お客は行ってしまった」。

(b)は「お客は帰宅した」。

 

51. (a)Are you finished?

   (b)Are you packed?

[解説]

ともに自動詞の過去分詞で、結果・状態をあらわす。

(a)は「おすみですか」。

(b)は「荷造り終りましたか」。

 

 

第七回 曖昧文 その@

        

 意味がとりにくい、いくつもの意味にとれそう---そういった曖昧な文をとりあげ、正しい理解を示す。文例は『納得のゆく英文解釈』(開拓社、安井稔)からほとんど借用し、解説は同書を読んだ上で自分なりの理解を加えたものであることを、お断りしておきます。

 

1 (a)He stopped the car suddenly.

  (b)Suddenly he stopped the car.

 

(解説)

(a)suddenlyは動詞stoppedに掛かる。「彼は車を急に止めた」→止め方が急であった。

(b)suddenlyは文修飾で、he stopped the car全体に掛かる。「突然、彼は車を止めた」→何を思ったか(他の何かをするのでなく)車を止めた。

 

2 (a)He foolishly opened the door.

  (b)He opened the door foolishly.

 

(解説)

(a)foolishlyは文修飾で、話者の心的判断。「彼は莫迦なことに扉を開けた」→彼が扉を開けたのが莫迦なことだと、話者が思っている。

(b)foolishlyは動詞openedに掛かる。「彼は愚かしく扉を開けた」→彼の扉の開け方は莫迦っぽかった。

 

3 (a)I think you were brave to deny convention.

  (b)I felt brave.

 

(解説)

(a) to denybraveに掛かるto不定詞の副詞的用法(1)目的:…するために (2)原因・根拠:…するとは(前の形容詞が感情をあらわすことが多い) (3)結果:〜して…する、のうち(2)。直訳:君は因習を否定するなんて勇敢であったと、私は思う。 意訳:よく君は因習を否定できたものだ。

(b)直訳:私は私自身が勇敢である感じを覚えた。

SVCの構文。feelは「…の感じを覚える」。〜 oneself to be (I felt myself to be brave.) の省略形。   意訳:私は恐くなかった。

 

4 They were waiting outside the building.

 

(解説)

訳:「彼らは建物の外で待っていた」。では「外」ってどのあたり、と聞かれると一瞬迷うだろう。日本語の「外」は狭義では「外面」、広義では「外の方」「区域外」と広がりがあるが、英語のoutside(1)the outer side or surface of something: (2)the area that is near or around a building, etc: で、狭義では「外面」、広義では「周囲」となり、日本語より幅が狭まる。

 

5 the elders with whom I was bred

 

(解説)

「私が共に育った大人たち」という意味不明の訳をつけてしまいそうだが…。このwithは「…と共に」という随伴のwithではなく、所属のwith。例:She has been with a publishing company for two years.( 彼女は出版社に二年勤めている)He is with the Los Angeles Police.(彼はロサンゼルス警察の一員だ)。 直訳:私がその中で育った当の大人たち 意訳:子供の頃の私の周りにいた大人たち

 

6 To see her is to love her.

 

(解説)

前に出たTo see is to believe.Seeing is believing.の違いを思い出してほしい。大まかに

いって、to不定詞は「現在から未来」、動名詞は「過去から現在」を示す。直訳:彼女を見ることは、彼女を愛することである。 意訳:彼女を見れば、愛さずにいられない。

 

7 Harry can only speak this loud.

 

(解説)

onlythis loudに掛かる副詞で、強調「こそ、しか、ばかり、まさに、たった、だけ

」など訳し方によりいろいろな訳語を与えうる。thisloudに掛かる副詞で「これぐらい」。loudは「声が大きい、よく聞こえる」cf. aloud「声に出して」。訳:ハリーはこれぐらいの大きさでしか話せない。ハリーはこれぐらい大きさで話せるだけだ。 cf. ×訳:ハリーはこれぐらいの大きさで話すのみできます。(「話すのみ」と比べる比較の対象が見えない)

 

8 You go on wishing that you could desire what desire has left behind.

 

(解説)

youは、一般人称。go on ingは「…し続ける」。wishは実現可能性のうすい儚い望みをもつこと、wish that couldcouldは仮定法(desireできていれば…と)。前のdesireは状態動詞でcouldとつながり、現在の反実仮想。whatthe thing which。後のdesireは総称用法「欲望なるもの」。leave behindは、「置き去りにする」。 直訳:人は、欲望が置き去りにしてきたものを望みえればと思い続けるものだ。 食欲とか知識欲といったものは、年を重ねるにつれ薄れて行く。若者の旺盛な欲望をみるにつけ、ああ自分も昔はああいうものがあったな、いまもあればよいのに、と思う。人はそう思いながら年をとってゆく。 意訳:人は皆、既に失ってしまった欲望を今でも持っていられたらと思い続けるものだ。

 

9 (a)John has broken a window with a ball.

  (b)John broke the window with a hammer.

 

(解説)

(a)ジョンはボールで窓を毀した。withは手段。

(b)ジョンは金槌で窓を毀した。このwithも手段。

 

10 John broke the window with Mary.

 

(解説)

語法的には(1)ジョンはマリーで窓を毀した。withは手段。(2)ジョンはマリーと窓を毀した。withは随伴。だが、常識的にいって(文脈依拠)(2)を採る。

 

 

第八回 曖昧文 そのA

        

11 (a)John saw the man with a stick.

   (b)John hit the man with a stick.

 

(解説)

(a) @)「ジョンは杖でもって男を見た」(手段) A)「ジョンは杖を持った男を見た」(所有)。文法的にはどちらともとれるが、常識からして(杖形の望遠鏡でもない限り)A)

(b) @)「ジョンは杖でもって男をたたいた」(手段) A)「ジョンは杖を持った男をたたいた」(所有)。文法的にも常識的にもどちらも採れる。あとは文脈依拠。

 

12 You feel tired because you’ve worked hard.

 

(解説)

I feel tired.なら「僕は疲れた気がする」でよいが、主語がYouとなると「君は疲れた気がする」だと、預言者のことばみたいでおかしい。You feel tiredは相手の言った言葉をそのまま鸚鵡返しに返したもの、because以下は発話者が考えたその理由、ととらねばならない。「君が疲れた気がするなら、それは働きすぎたからだよ」

 

13 He’ll take his umbrella in case you’re wondering.

 

(解説)

in caseを「…するといけないから」と丸暗記していると、変な訳文になってしまう(×君が思い悩むといけないから彼は傘を持っていきますよ)。「君が思い悩んでいるといけないから言っておくが、彼は傘を持っていきますよ」→「心配しているかもしれないので言いますが、彼は傘を持って行きますよ」が正解。in case以下は、主節の情報をどうして伝える気になったかの理由。

 

14 The curry was hot and so was the tea.

 

(解説)

「カレーはhotだったし、お茶もそうだった」。sohotを指すが、hotの意味は何か。(1)熱い (2)辛い、のうち、どちらとも採れるが、sobe動詞+S(Sもそうです)が続くと、hotsoの意味は同じでなければならなくなる(The curry was hot and the tea was hot.なら二つのhotが違う意味内容でも構わない)。そこで、常識的に(辛いお茶、はあまりない)(1)をとる。「カレーもお茶も熱かった」。

 

15 Mary is my sister, and so is Susan.

 

(解説)

sisterは姉なのか妹なのか。考えられる可能性(1)マリー>自分>スーザン (2)マリー>スーザン>自分 (3)スーザン>自分>マリー (4)スーザン>マリー>自分 (5)自分>マリー>スーザン (6)自分>スーザン>マリー、の六通り。(2)(4)であれば「マリーは私の姉で、スーザンもそうです」。(5)(6)であれば「マリーは自分の妹で、スーザンもそうです」。(1)(3)は「…もそうです」との日本語があてはまらない。英語のsister には姉・妹の区別がないのに日本語では区別するからだ。どちらが姉でどちらが妹かわかっていれば「マリーは私の姉で、スーザンは私の妹です」「スーザンは私の姉で、マリーは私の妹です」とするが、わかっていなければ、「マリーもスーザンも私の姉妹(きょうだい)です」とするしかない。

 

16 John and Mary left, and so did Harry and Susan.

 

(解説)

「ジョンとマリーは去った。そしてハリーとスーザンも去った」どんな風に去ったのか(いっしょに?三々五々?)についてはわからない。didleftの代動詞、sotooの意味。so didは「去った」事実を受けるものの、去り方は規定していないのである。

 

17 (a)John and Mary are married.

   (b)John and Marry are both married.

 

(解説)

(a)「ジョンとマリーは結婚している」(二人は夫婦)

(b)「ジョンとマリーは共に、結婚している」(二人は既婚で、それぞれ別の配偶者がいる)。このbothは代名詞でJohn and Maryと同格。意味は「双方」「両者とも」

 

18 I don’t like fat men and women.

 

(解説)

M(修飾語)N1(名詞)+N2(名詞)の形では、MN1N2の両方に掛かるのが一般的。それでおかしかったら、近くのもの(ここではN1)に掛けてみる。ここではfat menfat womenと読んでおかしくない。fat menwomenと読むと、「太った男」と「女(なるもの)」総称用法、となって、並列がやや不自然。

 

19 My favorite girl’s name is Margaret.

 

(解説)

「私の好きな女の子の名前はマーガレットです」日本語の訳もそうだが、My favoritegirlに掛かるのか(好きな女の子)girl’s nameに掛かるのか(好きな女の子の名前)不明。

 

20 (a)All the woman built a house.

   (b)A house was built by all the women.

 

(解説)

(a) @)「女が皆で一軒の家を建てた」 A)「女が皆、それぞれの家を建てた」の二つにとれる。A)aは配分単数という。

(b) 「女が皆で一軒の家を建てた」との解釈のみ有効。

 

 

第九回 曖昧文 そのB

        

21 I haven’t spoken to some pupils, because I’m seeing them tomorrow.

 

(解説)

「ある人たちには話しかけなかった。明日、会うことになっているからだ」。

someは「そういう存在がある」が前提、anyは「あるかないか分からない」が前提。文中のsome pupilsは、「誰とは特定しないが、話者には存在が認識されている人々」。これをany pupilsに代えると、「いるかいないか分からない存在」となり、それがnotで否定され、「全然いない」ことになる。I haven’t spoken to any pupils, because I’m seeing them tomorrow.(私は誰にも話しかけなかった。明日、会うことになっているからだ)

 

22 (a)John opened the door.

   (b)The door opened.

 

(解説)

(a)「ジョンはドアを開けた」

(b)「ドアは開いた」

このように、大方の動詞は自動詞、他動詞、二つの面を持つ。

注意したいのは、目的語を内包する自動詞があること。

1readread a magazine(他動詞で「…を読む」)He is reading.(自動詞で「読書中」、read自体に「《本を》読む」が含意される)

2drink: drink some water(他動詞で「…を飲む」)Don’t drink and drive.(自動詞で「酒を飲んで運転するな」、drink自体に「《酒を》飲む」が含意され、drive自体に「《自動車を》運転する」が含意される)

他にも、eat(《食事を》とる)smoke(《タバコを》吸う)write(《手紙を》書く)など、がある。

 

23 (a)I’m ready to go.

   (b)The steak is ready to eat.

   (c)The chicken is ready to eat.

 

(解説)

(a)「私は出かける準備ができている」

(b)「ステーキはいつでも食べられる」

(c)@)「鶏は食らいつく準備ができている」

 A)「鶏は食べられる準備ができている」

「準備が整っている」のは、(a)では「私」、(b)では「一般の人」(文にはでてこない)(b)eatの目的語は、主語であるthe steak(c)は文脈依拠で、どちらの解釈にもなりうる。

 

24 (a)The committee is to find a solution.

   (b)The problem is to find a solution.

 

(解説)

(a)「委員会は解決策を見つけるはずだ」

(b)「問題は解決策を見つけることだ」

(a)は、可能・義務・運命・命令・予定をしめすbe to のうちの「予定」。

(b)は、S is to doの形で、to不定詞は名詞的用法(…すること)

 

25 They are flying planes.

 

(解説)

@)「あれらは飛んでいる飛行機だ」

A)「彼らは飛行機を操縦している」

@)は、現在分詞形の形容詞(…しているN)。A)are flyingで進行形、flyはこの場合他動詞(…を飛ばしている)

*本当は@)はよくない。分詞形容詞が前から名詞を修飾する場合は「永久的・分類的」、後ろから名詞を修飾する場合は「一時的、個別的」だから(昨年7月号参照)flying planesでは「飛び飛行機」というレッテルみたいだ(例:flying doctor「空飛ぶ医者」---オーストラリアで過疎地域を飛行機で飛び回って巡回医療する医者のこと)

 

26 (a)The robber was unmasked.

   (b)The laces of his shoes were untied.

 

(解説)

(a)@)「泥棒は覆面をはがされた」

 A)「泥棒は覆面をしていなかった」

@)は、be動詞+過去分詞=受身。A)は、過去分詞形の形容詞。どちらになるかは文脈依拠。

(b)@)「彼の靴紐は解かれた」

 A)「彼の靴紐は結んでなかった」

@)は、be動詞+過去分詞=受身。A)は、過去分詞形の形容詞。

 

27 (a)The trunk was unlocked.

   (b)The trunk was not locked.

 

(解説)

(a)「トランクは鍵がかかっていなかった」

(b)「トランクは鍵がかかっていなかった」

訳は同じになってしまう。だが(a)は、un-の役割(過程、意外性を含意)により、「当然掛かっていてよいはずなのに鍵が掛かっていないということは、誰かが開けたのかもしれない」を含意する。(b)は、それに対し中立的(鍵が掛かっていなかった、という事実を記しただけ)

 

28 Who is the next President?

 

(解説)

@)「誰が次の大統領になるか」SVCの形。

A)「次の大統領は誰か」CVSの形。

どちらともとれる。

 

29 (a)Who can the next President be?

   (b)Who can be the next President?

 

(解説)

(a)「次の大統領は誰になりうるか」→「次の大統領は誰になるか」

(b)@)「誰が次の大統領になりうるか」→「誰が次の大統領になるか」

 A)「誰が次の大統領になれるか」

(a)Sthe next Presidentcanは論理的可能性(…しうる)beは存在をあらわす(ある、なる)

(b)SWhobeは上記と同じ意味だが、canは一般的能力(…できる)の意味も持ち得る。

 

30 When did you promise your children to take them to the fun-fair?

 

(解説)

@)「子供たちに遊園地に連れてってやると、あなたはいつ約束したのですか」

A)「いつ遊園地に子供たちを連れてってやると、あなたは約束したのですか」

 

 

第十回 曖昧文 そのC

 

31 when did you arrange to meet him on Saturday night?

@「君はいつ、土曜日の夜に彼と会うよう段取りしたのか」

A「君は土曜日の夜のいつ、彼と会うよう段取りしたのか」

*これは「(これから)土曜日の夜の何時頃に会う」であって、「(今を去る)土曜日の夜の或る時間に、会うよう段取りした」のではない。Saturday nightだけでは過去を意味し得ないからだ。

 

32 They asked me what I knew.

@「彼らは私に私が知っていることを尋ねた」

A「彼らは私に私が何を知っているかを尋ねた」

ニュアンスの問題で、意味は同じといえば同じだが、厳密にいうと、askinquiredemandなど疑問・要求を示す主動詞があると、whatは疑問詞(32はこちら)。それ以外だと、whatは関係代名詞。

 

33 (1)the succeeding generation

   (2)a moving pavement

   (3)Arrange the four digits in ascending order.

  (1)succeedingは、自動詞succeed(あとを継ぐ)の現在分詞形の形容詞(次の、あとの、続く)「そのあとの世代」

  (2)moveは、自動詞(移動する)movingはその現在分詞形の形容詞(移動する。可動式の)「動く歩道」

  (3)ascendingは、自動詞ascend(登る、上がる)の現在分詞形の形容詞(上昇する。昇順の)

  「四つの数字を昇順に並べなさい」

 

34 (1)None of the police (who were) operating in the area noticed anything suspicious.

   (2)None of the police who operated in the area noticed anything suspicious.

  (1)「その地域で当番をしていた警察官のだれも不審なものは何も気づかなかった」

  (2)「その地域で当番をした警察官のだれも不審なものは何も気づかなかった」

  *(1)当番したのと気づかなかったのは同時 (2)当番したのは気づかなかったより前

 

35 (1)a sleeping beauty

   (2)a beauty sleeping (in the bed)

  (1)「眠り姫」前からの名詞修飾で、永久的・分類的・一般的

  (2)(ベッドで)眠っている美人」後ろからの名詞修飾で、一時的・個別的

 

36 (1)the visible stars

   (2)the stars visible tonight

  (1)「肉眼で見える星」分類的・一般的

  (2)「今夜見える星」一時的・個別的

 

37 (1)wrecked cars and rubbish

   (2)a wounded soldier

   (3)fallen leaves

  (1)wrecked(だめになった)は、他動詞wreck(…をだめにする)の過去分詞形の形容詞。「ポンコツ車とガラクタ」

  (2)wounded(傷ついた)は、他動詞wound(…を傷つける)の過去分詞形の形容詞。「負傷兵」

  (3)fallen(落ちた)は、自動詞fall(落ちる)の過去分詞形の形容詞で、状態をあらわす。「落ち葉」

 

38 (1)spoken language

   (2)a furnished apartment

   (3)required subjects

  (1)spoken(話し言葉の)は、他動詞speak(…を話す)の過去分詞形の形容詞。「口語」

  (2)furnished(家具付の)は、他動詞furnish(…に必要な物を備える)の過去分詞形の形容

  詞。「家具付アパート」

  (3)required(必要な)は、他動詞require(…を必要とする)の過去分詞形の形容詞。「必修科目」

 

39 (1)Terry was worried by the challenge.

   (2)I was homesick and dismayed by quiet of the country.

  (1)「テリーはその難題に困っていた」worriedは形容詞化した過去分詞。byは動作主を 

  導くものでなく、手段・方法・理由を導く

 *byは受動態に用いられ、動作主を示す。能動態では手段・方法を示す。

  (2)「私は田舎の静けさに寂しなり気が滅入った」homesickdismayedは並列し形容 

  詞化。byは動作主を導くものでなく、手段・方法・理由を導く

 

40 (1)What’s John doing?

   (2)He is baking.

  (1)「ジョンは何をしているのか」

  (2)「彼はパン類を焼いている」bakeは目的語を内包する自動詞。内包される目的語はbreadcakepastryなど。それ以外の目的語であれば、はっきり示さねばならない。例:He is baking potato.

 

 

第十一回 曖昧文 そのD

 

41 (1)Mother is cooking.

   (2)The chicken is cooking beautifully.

   (3)Mother is boiling.

 (1)「お母さんは料理をしている」(自動詞「料理する」の意味で)

  「お母さんは料理されている」(自動詞「料理される」の意味で。常識的にはまずないが、とれないこともない)

  「お母さんはうだっている」(自動詞「(暑さで)うだる」の意味で)

 (2)「鶏はみごとに料理されている」(常識的に、自動詞「料理される」の意味で)

 (3)「お母さんはゆだっている」(自動詞「(食物が)ゆだる」の意味で。これも常識的にはまずない)

  「お母さんは激怒している」(自動詞「激怒する」の意味で)

  「お母さんは暑さで参っている」(自動詞「(暑くて)うだる」の意味で)

 

42 (1)John baked a cake for Mary.

   (2)John baked Mary a cake.

 (1)「ジョンはメアリのためにケーキを焼いた」(メアリが受け取ったかどうかは不明)

 (2)「ジョンはメアリにケーキを焼いてあげた」(メアリは受け取った)

 

43 (1)He climbed the mountain.

   (2)He climbed up the mountain.

 (1)「彼はその山に登った」(頂上まで行った。他動詞+目的語)

 (2)「彼はその山を登った」(どこまで行ったかは不明。自動詞+前置詞+目的語)

4243でわかるように、前置詞が入ると、意味が弱まる

 

44 (1)John shot Mary.

   (2)John shot at Mary(, but missed).

 (1)「ジョンはメアリを射殺した」

 (2)「ジョンはメアリ目がけて撃った(が失敗した)

 

45 A mouse scuttled behind the curtain.

 @「ネズミがカーテンの後ろを走りぬけた」(通過)

 A「ネズミがカーテンの後ろへ走りこんだ」(到達)

 B「ネズミがカーテンの後ろで走り回っていた」(場所)

*英語には日本語のような助詞がないので、あいまいになる

 

46 The ball rolled underneath the table.

 @「そのボールはテーブルの下へ転がり込んだ」(到達)

 A「そのボールはテーブルの下を転がって向こうにいった」(通過)

 B「そのボールはテーブルの下で転がった」(場所)

 

47 John waved his handkerchief at you. Now you must wave back.

 「ジョンがあなたにハンカチを振りましたよ。さあ、あなたも応えなくては」

 *「wave backの省略されている目的語は、your hand」と『納得のゆく英文解釈』には記されるが、ジーニアスには「手(ハンカチなど)を振って合図する」とあり、いささか疑問。

 

48 Would you like to eat some cake?

   No, thanks, I don’t care to eat just now.

 「ケーキ少しいかが」

 「ええ、ありがとう。でも、いまはほしくないの」

 *eatの省略されている目的語はcakeではなくて、食べ物全般(あるいはeatは自動詞で「食事する」の意、ととる)

 

49 (1)John drinks only gin, but I won’t drink.

   (2)John drinks only gin, but I won’t drink it.

 (1)「ジョンはジンばかり飲んでいる。でも私はアルコールはやりません」

 (2)「ジョンはジンばかり飲んでいる。でも私はジンはやりません」

drinkといえばアルコールが含意され、他のものであればdrink Coca-Colaなどという

 

50 (1)She had thrown a plate at his head and missed.

   (2)She had thrown a plate at his head and missed it.

 (1)「彼女は皿を彼の頭目がけて投げたが、当てそこなった」

 (2)「彼女は皿を彼の頭目がけて投げたが、頭に当てそこなった」

 *この場合「当てそこなう」も「頭に当てそこなう」も同じこと

 

51 I don’t want to watch television any more, but Helen is still watching.

 「私はもうテレビを見たくないのだが、ヘレンはまだ見ている(テレビを)

 

52 (1)John is eager to please.

   (2)John is easy to please.

 (1)「ジョンは人を喜ばすことに熱心だ」(自動詞「人を喜ばす」)

 (2)「ジョンを喜ばすのは簡単だ」(他動詞「(人など)を喜ばせる」。主語が目的語)

 

53 (1)The book sells well.

   (2)The book reads easily.

   (3)The orange peeled easily.

 (1)「その本はよく売れる」(自動詞「(商品の売れ行きが)…である」)

 (2)「その本は楽に読める」(他動詞、目的語はthe book)

 (3)「そのオレンジの皮はすぐむけた」(peel自動詞「(皮などが)むける」)

 

54 (1)My coat wore out last winter.

   (2)My coat wore well last winter.

 (1)「私のコートは、昨年の冬、着古されて、(ひとりでに)よれよれになった」(wearは自動詞「する減る、擦り切れる」outは強調の副詞「すっかり」)

 (2)「私のコートは、昨年の冬、着古されたり、よれよれになったりすることもなく、よくもった」(wearは自動詞「使用に耐える」wellは副詞「よく」)

 

                 ()

 

ページトップへ