現役塾生・修了生の予習・復習に裨益するように組み立ててありますが、これから入門を検討している人、またお金がなかったり遠方だったりして、通塾できない人にも勉学の参考になるよう願っています。自分なりの利用の仕方を考えてみてください。


翻訳のための文法

自分で翻訳している時何となく気に掛かるのだがそのまま放っておいた、文法の分かりにくい部分を考えてゆきます。試論のため、間違いがあるかもしれません。ご批判ください。

詳細はこちら


カンマと記号

英文を読む場合きわめて重要なのに、学校教育ではまともに教えられない、カンマと記号をとりあげ、その意味について考えます。やればやるほど複雑になるため、ここではそのサワリだけを示します。

詳細はこちら


英文解釈教室

定評ある英語指導書(伊藤和夫著、研究社)の誤訳・悪訳部分を指摘し、勉学の利便性をはかるものです。私もかつてこの先生の授業を受け、英語に興味をもちました。決してケチをつけようというのではなく、批判的に師に迫ろうとするものです。

詳細はこちら


ロアルド・ダール「キス・キス」

その邦訳(開高健訳、早川書房)の誤訳・悪訳部分を指摘し、自分を振り返る鏡にしてもらおうというものです―他山の石としてください。

詳細はこちら

ページトップへ