主宰者プロフィール

柴田耕太郎 英文教室主宰:柴田耕太郎

1949年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部仏文専修卒業。岩波書店嘱託を経て渡仏、演劇を学ぶ。帰国後、翻訳業界へ。演劇・映像・出版・産業の4ジャンルで実績ある翻訳者。老舗翻訳会社アイディの元代表。出版翻訳者を40人以上デヴューさせ、大学でも教鞭をとる翻訳教育者。「英文教室」主宰。


演劇映像出版産業教育

*クリックすると駆け出しの頃のエピソードが読めます

主な仕事

著書 『翻訳家になる方法』(青弓社)
『英文翻訳テクニック』(ちくま新書)
『翻訳力錬成テキストブック』(日外アソシエーツ)
訳書 『ロックシンガー 間違いだらけの発声法』(東亜音楽社)
『ブレヒト』(現代書館)
『現代フランス演劇傑作選』(演劇出版社)
論文 『翻訳料の研究』(出版研究31)
『翻訳教育の可能性』(出版研究32)
『翻訳教育のススメ』(明星大学日本文化学部紀要)
上演戯曲 『オクラホマ』(宝塚歌劇団)
『邪悪魔しい女』(劇団昴)
『私もカトリーヌ・ドヌーヴ』(ギー・フォアシイ・シアター)
映像翻訳 『君に愛の月影を』(TBS)
『THREE』(TBS)
『ナンバー』(TBS)
雑誌寄稿 『翻訳で日本語を学ぶ』(研究社『時事英語研究』)
『翻訳大賞審査講評』(アルク『イングリッシュジャーナル増刊号』)
『翻訳者の基礎力−英語を精確に読む』(ジャバンタイムズ『通訳・翻訳キャリアガイド』)
演出作品 『声』(ジャン・コクトー作、SFプロジェクト)
『味』(ロアルド・ダール作、SFプロジェクト)
『棘』(フランソワーズ・サガン作、近日SFプロジェクト)
制作作品 『外務省アフリカ映画祭』(事務局代表)
『深紅』(劇場公開映画、制作会社キャン監査役)
『写楽』(演劇公演、プロデューサ)
開発商品 『電子林』(日本初のパソコン用電子辞書)
『ゲスト・インフォメーション』(日本唯一のホテル内客室情報誌)
『ザ・テクニカルライター』(マニュアルライティング専門雑誌)
教室のご紹介

ページトップへ