[アイディ英文教室連載コラム] 『どこが違っているのかな?!』 第31回『キス・キス』(開高健訳) 表現そのⅢ

2017年10月号

PDFでダウンロード

 10年かけてロアルド・ダールの短編集(The Collected Short Stories)を点検し終わった。一字一句精読し、市販訳(早川書房)と比べてゆくのである。
 このシリーズは開高健、田村隆一などの名手が翻訳しているのだが、若い頃読んでいて読みづらいと思った。やはり誤訳・悪訳がボロボロ。
 でも興味を覚えた。一応の英語使いが間違える箇所なら、一般の英語学習者にとっても苦手な箇所のはずだ。ならばそれを列挙し説明をつけて学習者に裨益しようと、当欄の姉妹コラム「誤訳に学ぶ英文法」(アイディのホームページにあり)で連載してきた。
 このコラムでは、それを作品集別、品詞別に分類し、誰もがつまづきそうな箇所でそう複雑でないものを選んで解説してゆく。辛抱強く読んでゆけば、実力向上疑いなし。パズルを解くように楽しんでいただければ幸いです。

今回も日本語表現がおかしい部分を取り上げます。

『女主人』

バースの町に赴任した青年ビリーは、ちょっとかわった中年婦人の家に下宿する。ほかにも二人下宿人がいるはずなのに、その気配がない。女主人との会話の中で、何年か前に失踪した学生たちとこの二人に共通項があるのに気づく。女主人を問い詰めようとすると、飲んだばかりの紅茶のせいか、意識が朦朧としてきた…。

①言い回し

原文と市販訳:

He was wearing a new navy-blue overcoat, …
…、まあたらしい茶色のフェルト帽を一着に及び、…

解説:

「一着に及び」は、「衣服を着用すること」の意味だが、ちょっと古い。読者にわかるだろうか。
「かぶって」

誤訳 「茶色の」 ⇒ 「紺色の」

②ひらがな

原文と市販訳:

He went right up and peered through the glass into the room, and the first thing he saw was a bright fire burning in the hearth.
彼はまぢかまで近寄って、…

解説:

漢字にしたほうが読みやすい。
「間近まで」

③意味の重複

原文と市販訳:

He was in the act of stepping back and turning away from the window when all once his eye was caught and held in the most peculiar manner by the small notice that was there.
彼がちょうどくびすをかえし、窓からふりむこうとした時、彼の眼はそこにある注意書きに釘づけになってしまったのだ。

解説:

「窓からふりむく」では、室内にいて窓辺から室内に目を移したかのようだ。これに眼をつぶるにしても、「くびすをかえす」と「窓からふりむく」は、意味が重複しており、おかしい。
ここは、外から窓辺を見ていたのを止め、後戻りし(stepping back)、窓辺から向きを逆に変え立ち去ろう(turning away from the window)としていた、のである。
後戻りし、くびすをかえし窓辺から去ろうとしたその時、彼の目は何ともおかしなことだが、そこにある小さな張り紙に釘付けになってしまった。

④不自然な表現

原文と市販訳:

Each word was like a large black eye staring at him through the glass, holding him, compelling him, forcing him to stay where he was and not walk away from that house, and the next thing he knew, he was actually moving across from the window to the front door of the house, climbing the steps that led up to it, and reading for the bell.
そして、あっと思うまに、彼は本当に窓を横切ると、その家の玄関の方へ行き、…

解説:

「窓を横切る」では、「窓から侵入したのか」と思われかねない。「外の窓辺に沿って玄関に移動した」のである。
そして、気づいてみると、実際に窓辺をたどって玄関の下までゆき、階段をのぼり…

⑤原文と意味の誤差を生じる表現

原文と市販訳:

‘I should like very much to stay here.’
ぼく、よろこんでここへ泊らしてもらいますよ

解説:

very muchを訳したのだろうが「よろこんで」では、相手の誘いに答えたかのようだ。should like to (…したい)の強調。
ぼく、ぜひここへ泊らせてもらいたいです

⑥コロケーション

原文と市販訳:

Billy took off his hat, and stepped over the tresh-old.
ビリイは帽子をぬぎ、敷居をまたいだ。

解説:

「帽子」は「ぬぐ」とは、あまり言わない。
帽子をとり

⑦誤字

原文と市販訳:

It’s such a comfort to have a hot water-bottle in a strange bed with clean sheets, don’t you agree?
清潔なシーツを敷いた始めてのベッドに、暖かい湯たんぽが入っているのは気持ちがいいものよ。

解説:

誤字「始めての」⇒「初めての」

⑧表現の強さ

原文と市販訳:

Now, the fact that his landlady appeared to be slightly off her rocker didn’t worry Billy in the least.
さて、この女主人がいささか常規をいっした所があることも、別にビリイの心をなやますほどのことはなかった。

解説:

off one’s rockerは、「ばかな」「気の狂った」だから、「常軌をいっした」でもだめではないが、訳としてはちょっと表現がきつい(そこまで狂っていそうにない)。またその場合「いっした」を「逸した」と漢字にしないと、収まり具合が悪い。
すこし変なところがあるにしても
誤字「常規を」⇒「常軌を」

⑨展開が面白くなくなる

原文と市販訳:

Such charming boys’  a voice behind him answered, and he turned and saw his landlady sailing into the room with a large silver tea-tray in her hands.
みんな、すばらしいひとたちでしたわ

解説:

過去形でいっているが、ここではまだこの青年たちは下宿にいることになっている(殺されたのは伏せられている)。体言止めにしておく。
ステキなひとたちよ

⑩並列が不自然

原文と市販訳:

The back was hard and cold, and when he pushed the hair to one side with his fingers, he could see the skin underneath, grayish-black and dry and perfectly preserved.
灰色を帯びた黒で、乾燥し、完全に保存されている。

解説:

grayish-blackを「灰色を帯びた黒」とするのは、よくない。黒も灰色も無彩色で同類だからだ。このpreservedは「保存加工されて」の意味。三つの並列がうまくされていない。
濃い灰色で、すっかり乾いて、保存加工が施されている

前に戻るコラムトップに戻る
ページトップへ