[アイディ英文教室連載コラム] 『どこが違っているのかな?!』 第15回『キス・キス』(開高健訳) 分詞編

2016年5月号

PDFでダウンロード

 10年かけてロアルド・ダールの短編集(The Collected Short Stories)を点検し終わった。一字一句精読し、市販訳(早川書房)と比べてゆくのである。
 このシリーズは開高健、田村隆一などの名手が翻訳しているのだが、若い頃読んでいて読みづらいと思った。やはり誤訳・悪訳がボロボロ。
 でも興味を覚えた。一応の英語使いが間違える箇所なら、一般の英語学習者にとっても苦手な箇所のはずだ。ならばそれを列挙し説明をつけて学習者に裨益しようと、当欄の姉妹コラム「誤訳に学ぶ英文法」(アイディのホームページにあり)で連載してきた。
 このコラムでは、それを作品集別、品詞別に分類し、誰もがつまづきそうな箇所でそう複雑でないものを選んで解説してゆく。辛抱強く読んでゆけば、実力向上疑いなし。パズルを解くように楽しんでいただければ幸いです。

①『天国への登り道』The Way up to Heaven

原文と市販訳:

Arriving at Idlewild, Mrs Foster was interested to observe that there was no car to meet her. It is possible that she might even have been a little amused.
空港に着き、フォスター夫人は迎えの車が来ていないのを見て、どきどきした。いや、むしろ、それがうれしい気分だったのかもしれない。

背景:

不仲の夫を置いてフランスで孫との再会を楽しんだ妻。空港に迎えに来るはずの夫が見当たらない。

ヒント:

interested訳し過ぎでは…

解説:

be interested in Nもbe interested to doも、通例はイディオムで「…(対象)に興味をもつ」で、toの場合は「その場で思い立った」を含意する。だがこのto以下は原因・根拠を示すもの「…が分かって」be interested「興味をもった」と読む 例:I was interested to learn the fact.(その事実を知って興味がわいた)。observe that「…に気付く」。

修正訳:

来ていないのがわかって、興味がわいた。

②『女主人』The Land Lady

原文と市販訳:

The back was hard and cold, and when he pushed the hair to one side with his fingers, he could see the skin underneath, grayish-black and dry and perfectly preserved.
灰色を帯びた黒で、乾燥し、完全に保存されている

背景:

下宿の居間にいる小動物たちをよく見ると、生きていない剥製だと気づく。

ヒント:

保存では意味が広すぎませんか。

解説:

英語は多義。日本語にした場合、いくつもの意味になるものと、基本の意味から狭まったり広がったりするものがある。ここは「保存」を狭める。

修正訳:

保存加工が施されている

③『ローヤル・ジェリイ』Royal Jelly

原文と市販訳:

‘Albert, stop pulling my leg.’
「アルバート、ごまかさないでよ」

背景:

養蜂家の夫が、ミツバチの知識のない妻をじらす場面。

ヒント:

イディオム。

解説:

直訳すると「足を引っ張る」となるが違う。pull one’s legは「からかう」。

修正訳:

「アルバート、からかわないで」

前に戻るコラムトップに戻る
ページトップへ