[アイディ英文教室連載コラム] 『どこが違っているのかな?!』 第7回『キス・キス』(開高健訳) 形容詞編 そのT

2015年9月号

PDFでダウンロード

 10年かけてロアルド・ダールの短編集(The Collected Short Stories)を点検し終わった。一字一句精読し、市販訳(早川書房版)と比べてゆくのである。

 このシリーズは開高健、田村隆一などの名手が翻訳しているのだが、若い頃読んでいて読みづらいと思った。やはり誤訳・悪訳がボロボロ。

 でも興味を覚えた。一応の英語使いが間違える箇所なら、一般の英語学習者にとっても苦手な箇所のはずだ。ならばそれを列挙し説明をつけ学習者に裨益しようと、当欄の姉妹コラム「誤訳に学ぶ英文法」(アイディのホームページにあり)で連載してきた。

 このコラムでは、それを作品集別、品詞別に分類し、誰もがつまづきそうな箇所でそう複雑でないものを選んで解説してゆく。5作品集×12品詞として計60回。5年かかるだろうが、辛抱強く読んでゆけば、実力向上疑いなし。パズルを解くように楽しんでいただければ幸いです。

@『女主人』より

原文と市販訳:

‘They sound somehow familiar’ he said.
They do? How interesting.’

「何か聞いたことのある名前ですね」と彼はいった。
そうお?それはすばらしいわ

背景:
素人下宿を求める青年と、その女主人のやりとり。青年は宿帳にある名前が、何か事件とかかわりあいがあったような気がして、女主人に尋ねる。

ヒント:

interestの基の意味を考える。

解説:

interestingは、他動詞の現在分詞形の形容詞で「人に興味を起こさせる」の意味。この「人」とは自分も含まれるわけだから、「あなたの言ったことは何とわたしに興味を起こさせることか」。doは代動詞(=sound)

修正訳:

直訳「そう聞こえます?興味深いことね」
意訳「あら、どうしてかしら」

A『ウィリアムとメアリイ』より

原文と市販訳:

… , every now and then a pair of eyes would glance up from the book and settle on her, watchful, but strangely impersonal, as if calculating something.
「・・・、ときたま二つの眼が書物から、油断なく、けれど何かを計算するかのように、異常なほど無関心にそそがれるのだった。」

背景:

オックスフォード大学哲学教授の夫をもつメアリイは、その夫の冷たい視線がいつも気になる。

ヒント:

英語の形容詞は意味範囲が広い。日本語ならどう言うかじっくり考えないと、作者の言わんとするところとずれてしまう。

解説:

impersonalは「非人間的に」。無関心なのでなく、感情を殺している、その様が異常に思えるのだ。

修正訳:

おそろしく無機的に

原文と市販訳(2):

…provided, of course, that a supply of properly oxygenated blood could be maintained.
「それも酸化した血液の補給が維持できればのばあいだがね」

背景:

脳だけを生き永らえさせる実験について医師が説明している。

ヒント:

「酸化した」ら錆びてはしまわないか・・・

解説:

「酸化した」では、物が悪くなってみたいだ(その場合oxide, oxidizedを使うだろう)。ここは「酸素をきちんと供給された血液」のこと。

修正訳:

血液への酸素の供給がきちんと

原文と市販訳(3):

‘Like hell, you wouldn’t,’ I said.
‘You’d be out cold, I promise you that, William. …’
「まさかそんな」と私はいった。
「いや、きみは完全に冷たくなっているんだ、ほんとうだよ、ウィリアム。・・・」

背景:

脳を生きながらえさせる実験説明の続き。

ヒント:

outは副詞、coldは形容詞だが意味に注意。

解説:

この形容詞coldは「死んだ」の意味。副詞outは強調で「すっかり」。

修正訳:

完全に死んでいるんだ。

原文と市販訳(4):

‘Isn’t he sweet?’ she cried, looking up at Landy with big bright eyes. ‘Isn’t he heaven? I just can’t wait to get him home.’
「かわいいんじゃありません?」彼女は、大きな輝く眼でランディを見上げながら、そう叫んだ。「かわいらしいでしょう?あたくし、家へ連れて帰りたくてしょうがありませんわ」

背景:

死んだ夫の脳と目玉が洗面器にプカプカ浮かんでいるのを見て、妻が発した言葉。

ヒント:

heavenは形容詞。

解説:

heavenが、「すばらしい」とか「しあわせ」といった意味で形容詞として使われている反語(heは、脳髄と目玉だけになっている夫)。この台詞で小説が終るので、オチになるようなことばが欲しい。

修正訳:

あの人って、ステキ

B『天国への登り道』より

原文と市販訳:

Assuming (though one cannot be sure) that the husband was guilty, what made his attitude doubly unreasonable was the fact that, with the exception of this one small irrepressible foible, Mrs Foster was and always had been a good and loving wife.
本当にフォスター氏が、こんなことを企んだのだとしたら(これとてはっきり断言できるわけではないが)、この態度たるや、まさに非難さるべきものだ。というのは、このささいな、不可抗力のやまいが玉にキズで、その他の点では、フォスター夫人はまことに申し分ない、可愛い奥さんだったからである。

背景:

意地悪な夫に対し、いつも耐えていた妻が反撃に転じる。

ヒント:

guilty, unreasonableなどに、いつも第一義を充てないこと。loving「愛する」でいいですか?

解説:

assuming thayは「…だと仮定して」(=if)。guiltyは、この場合「生じたまずい事に対して責任がある」(⇒非難されて然るべき)の意。つまり、「本当にわざと意地悪していること」。doublyは「一層」、unreasonableは「不当な、不合理な」。lovingは、他動詞の現在分詞形の形容詞「人を愛する」(この場合、人とは夫のこと)。さらにそれが形容詞化した「愛情に満ちた」。

修正訳:

全体の直訳「(確かとは言い切れないが)夫に責任があると仮定して、その夫の態度を一層不当にしたものは、このささいな抑制できない欠点の例外はあるが、フォスター夫人はその時も、それまでもずっと良き愛情あふれる妻であったことだ。」
全体の意訳「どうも夫は確信犯であるように思えるのだが、このささいな欠点はあるにせよ、フォスター夫人は申し分ない妻であることが、夫の分をさらに悪くする」

前に戻るコラムトップに戻る
ページトップへ