2015年2月号

PDFでダウンロード

ホームページの「英文解釈教室モデル授業」で私はpleasantを「プリーザント」と読んでいる。読者から「プレザント」だろうとご指摘いただいた。その通り。何を隠そう私は英語が一言も話せないのだ。おまけに若い頃フランス語をやったものだから、単語を読むときごっちゃになってしまう。pleasantはフランス語経由、plaisir (プレジール:喜び)の形容詞 plaisant(プレザン)の英語化。-antは「…化する」の意味の接尾辞。普通なら英語読みにして「プリーザント」となってよいはずだ。例えばchef「シェフ」(仏)→「チーフ」(英)、theatre「テアトル」(仏)→「シアター」(英)、interessant「アンテレッサン」(仏)→interesting「インタレスティング」(英)。なぜplaisantは綴りは英語式にpleasantとなっても仏語訛りのまま「プレザント」と読むのだろう。どなたかご教示ください。

今回はプロでも間違える語法、そのほんの一部を。

1現在分詞形の形容詞

原則:

他動詞の現在分詞形の形容詞は「人を…する・させる」
自動詞の現在分詞形の形容詞は「…する・している」

例文:
an interesting person 
他人を面白がらせる人物→「面白い人」
a sleeping beauty 
眠っている美人→「眠れる美女」

誤訳例:
I found her a bit intimidating.
×「何かおどおどしてる感じだった」
〇「ちょっといかめしい感じだった」

2 「…を」と訳せない他動詞

原則:
助詞も一緒に覚えないと方向が逆になる
accompany「…に付き従う」、outlive「…より長生きする」など

例文:
Mr. Jones outlived his wife by ten years.
「ジョーンズ氏は妻より十年長生きした」

誤訳例:
Would you mind my accompanying him?
×「彼を連れて行って構いませんか」
〇「彼に付いて行ってよろしいですか」


3 可算名詞と不可算名詞

原則:
不可算名詞の可算名詞化は「…な人・事・物・状態」
抽象的なものが具象化される
many ignorances, blue skiesなど

例文:
Wisdom can be got by combining many ignorances.
「無知な人間を寄せ集めれば叡智が得られる」
誤訳例:
government of the people, by the people, for the people
×「人民の人民による人民のための政府」
〇「人民の人民による人民のための政治」


4結果を含意するto不定詞

原則:
結果を含意するto不定詞は少ない。その場その場で覚えてゆくとよい
persuade 人 to do,  entice 人 to do,  force 人 to doなど

例文:
The teacher forced his pupils to be quiet.
「先生は生徒を静かにさせた」

誤訳例:
We persuaded her to go to law school.
×「我々は法科大学院に行くよう彼女を説得した」
〇「我々は彼女を説得して法科大学院に進ませた」


5 everyとany

原則:
everyは水平、anyは垂直
「例外なく誰も皆」と「程度の差はあれ誰も」

例文:
He believed every word of mine.
「彼は私の言葉をことごとく信じた」

誤訳例:
Any child could do that.
×「全ての子供はそれをすることができた」
〇「どんな子だってそれぐらいできる」


6 同義語反復

原則:
リズムを出すのに似た意味を重ねている
陰々滅滅、安穏などに同じ
consultations and committee work, run by and is goneなど

例文:
many days or months will go by without my using the books.
「私が本を読まないまま多くの月日が過ぎてゆく」

誤訳例:
Omar and Saleh stood bowing and scraping.
×「オマルとサレフは頭をさげ、体をぽりぽり掻きながら聞いていた」
〇「オマールとサレフはぺこぺこしていた」


7 be to do の意味

原則:
可能、義務、運命、命令、予定、目的、意図
可能は受身形・否定形で、義務・命令は権威を含意、運命は過去形で、予定は公的を含意、意図はif節内で、との特徴(絶対ではない)がある

例文:
The ring was not to be found anywhere.
「指輪はどこにも見つからなかった」

誤訳例:
If you are to succeed in your new job, you must work hard now.
×「君が今度の仕事に成功しなければならないなら、今懸命に働かねばならない」
〇「今度の新しい仕事で成功するつもりなら、君は今懸命に働かねばならない」


8 in factの多義

原則:
前後の文脈により相反する意味になることがあるので注意
「実に」「実は」「それどころか」「もっというと」「いや」
indeed, actuallyも同じ

例文:
I didn’t mind at all. Indeed, I was pleased.
「私は全然気にしなかった。それどころか大いに喜んだ」

誤訳例:
I didn’t like him much―in fact I hated him.
×「私は彼があまり好きでなかった―実に彼を嫌っていたのだ」
〇「私は彼があまり好きでなかった。それどころかむしろ憎んでさえいた」


9 副詞のonly

原則:
場所も掛かり方も訳語も変幻自在。文脈で読むしかない。
「こそ」「ただ」「まさに」「…してはじめて」「…なだけ」
基本的には強調。exactly, justly, rightlyなども同じ

例文:
We are only saying this for your own sake.
「君のためを思えばこそこう言っているのです」

誤訳例:
You only live once.
×「貴方は一度生きるに過ぎません」
〇「所詮人生一度だけ」


10 thatとthisとit

原則:
thatは直前のこと、thisは直前・直後のこと、itは文中で問題になっている事柄

例文:
That did it!
「それで決まりだ」

誤訳例:
I think that’s about it for now.
×「今のところそれはそれについてのことだと思う」
〇「今のところこれでよしとしよう」
前に戻るコラムトップに戻る
ページトップへ