2014年9月号

PDFでダウンロード

夏休みを利用し、モリエールの戯曲「タルチュフ」の翻訳を始めた。一か月もあればと思ったが、思いのほか難物、まだ四苦八苦している。
言葉は30年で古びるといわれる。古典新訳がちらほらと始まったのも、ようやく出版業界がその必要性を感じたせいか。
今回は新訳をする際の、旧訳の位置付けについて、経験をもとに述べてみたい。

T なぜ新訳か

40年前、当時代表的な新劇団であった俳優座の「守銭奴」を観劇したが、少しも楽しめず、モリエールがシェークスピアと並ぶ大劇作家であるのが理解できなかった。そのあとすぐフランスに遊学し、コメディ・フランセーズでこの演目を見て、びっくりした。とにかく面白いのだ。演出・演技が洗練されていたこともあろうが、一番は言葉の問題だろう。具体的にはテンポ。同じ内容の台詞が日本語の倍の速度で喋られる。読む場合はともかく、上演用の翻訳としては出来るだけ短く訳すことが必要だ。ずっとこう思っていてようやく翻訳の機会を得た次第。

U 新訳の工程

旧訳をいくつか並べて、いいとこ取りしても全体としての統一感は望めまい。解釈に難儀する箇所だけ既訳に頼っても、それが誤訳だったらどうなる(シェークスピア戯曲で坪内逍遥が誤訳した箇所は以後の訳者も右へ倣へしている点は、本コラムの姉妹版「誤訳に学ぶ英文法」―(潟Aイディのホーム・ページ参照―で指摘した)。

そこで「タルチュフ」訳出に当っては、次のような手順をとった。
@日本語訳二種(鈴木力衛訳、秋山伸子訳)、英訳二種(オックスフォード版、ペンギン版)を用意⇒信頼できる訳でなければならない
A鈴木訳、秋山訳をざっと読む⇒梗概を面倒なく知るため
B仏語原文を克明に読む⇒語義と掛かり方を特定化する
C直訳する⇒解釈まで至らぬ仏文和訳
D疑問箇所を検討⇒日本語訳と英訳、自分の直訳、都合五種を原文と突き合わせる
E解釈を出す⇒文法的、論理的、文脈的観点から妥当と思われる理解を選定する
F和文和訳する⇒直訳に手を入れ、読んでおかしくない日本語にする
G台詞にする⇒舞台の台詞として俳優が朗ずるに足る、かつ簡潔な言葉に練る
H点検する⇒原文と突き合わせ、訳し漏れ・訳し過ぎがないか確かめる

V 気付いたこと

いつも言っているが、翻訳といっても様々。私が商品として手掛けたものだけでも産業翻訳・出版翻訳・映像翻訳・舞台翻訳がある(質はともかく、これだけの分野を手掛ける翻訳者は先ずいない)。そしてそれぞれの分野がまた細かく分かれる。舞台翻訳といっても、ミュージカルとセリフ劇では訳のスタイルが異なる。セリフ劇にしぼっても、小劇場用(会話調の訳文がおおむね相応しい)、大・中劇場用(聴かせる硬めの訳文がおおむね相応しい)では求められる訳文が違ってくる。

モリエール戯曲は散文で書かれた「スカパンのわるだくみ」を既に訳したが、韻文の「タルチュフ」とでは、翻訳の面倒さで天と地ほどの差がある。韻文は、アレクサンドラン(十二音綴)で記され、行末に韻を踏む。そのため、無理な語順転倒、語義の転用が避けられない。その上、英語よりあいまいなフランス語の前置詞、それと絡む掛かり方の問題があり、へとへとになりそうだ。これから見れば、英語の何と易しいこと!

モリエールの邦訳全集は、昭和初期になされた吉江喬松編のものが嚆矢だ。今回は参照しなかったが、だいぶ誤訳・悪訳があるそうだ。むべなるかな。だがそうした初訳者がいたからこそ、それを乗り越えるようにして、新しい訳が生まれるのである。「翻訳なんて、後からやった方がいいに決まっている。でなければやる意味があるまい」とシェークスピア作品の翻訳もある英文学者中野好夫は言い放った。私も「意味がある」翻訳を目指し、モリエールに取り組んでいるところだ。

前に戻るコラムトップに戻る
ページトップへ