2014年8月号

PDFでダウンロード

アイディ英文教室には姉妹講座で通信教育もあります。通学制の英文教室は程度が高いと考える方には、基礎力錬成の通信講座をお勧めします。
今回は、通信講座教材「幸福の王子」をちらっと覗いてみましょう。

High above the city, on a tall column, stood the statue of the Happy Prince. He was gilded all over with thin leaves of fine gold, for eyes he had two bright sapphires, and a large red ruby glowed on his sword-hilt.

オスカー・ワイルドはイギリスの詩人で劇作家でもあります。1854年、アイルランドのダブリンに生まれました。この『幸福の王子』はワイルド33歳のとき、二人の息子のために書き上げられました。

美しい「王子の像」は知り合いになった燕に託し、自分の身に着けているものを次々と可哀そうな人たちに与えてゆきます。そのうち、身はボロボロに崩れ、越冬の機会を逸したツバメもその王子の像の傍らで凍え死んでゆくのです。

私はその小説『ドリアングレイの肖像』が好きです。美貌の青年ドリアングレイは悪徳を重ねますが、その若さは衰えず一方自分の肖像画は醜くなってゆきます。思い余ったドリアングレイは肖像画を切り刻みます。すると自らの老いさらばえた姿が鏡に映るのでした。ユダヤの皇女サロメの倒錯した愛を描く戯曲『サロメ』も人気で、現代でもたびたび上演されています。

訳のヒント:
@High above the city

highは前置詞ではありません。「高い町の上に」は明らかな誤訳。highは副詞で大まかな位置を、次の前置詞句で具体的な場所を示しているのです。

Athe Happy Prince

何でHとPが大文字になっているのでしょうか。語頭の大文字は固有名詞化と覚えてください。

Bfine

易しいことばほど意味が多いのです。いちいち全部覚えるのは大変。語源を知れば、その変化のあとをたどるのも簡単です。ラテン語finis(終わり、限界)から意味が広がってきます。「最後のもの」→「完成した」「申し分ない」「見事な」。金に「素晴らしいもの」と「素晴らしくない」ものがあるはずはありません。ここ、純度のことをいっているのです。

Csapphireとruby

この二つどう違うのでしょう。じつは学問的には同じものです。百科事典には「六方昌系、菱面体昌族の鉱物。硬度9でダイアモンドに次いで硬い。青いものをサファイア(青玉)、赤いものをルビー(紅玉)という」とあります。サファイアは9月の誕生石、ルビーは7月の誕生石。世界最大のルビーとして、ロシア皇帝の王冠についていた414,3カラットのものが有名です。深い色合いを秘めた眼の青、刀を飾る赤、思うだけでも引き込まれそうですね。

*講座では、この後に詳細な構文分析とQ and A、添削が示されます。ご興味ある方は、本ホームページ冒頭の「開講講座一覧」をクリックし、出てきた「開講講座一覧」の一番下「英文精読通信講座」をクリックしてください。

前に戻るコラムトップに戻る
ページトップへ