2013年11月号「前置詞 その2」

PDFでダウンロード

0 前説

その昔、インテリのカリスマともいうべき評論家の加藤周一が、戯曲の題名にケチをつけたことがある。ジャン・ジロドウの『ルクレチアのために』。原文はPour Lucrece、英語にするとFor Lucretia。名前の読み方が問題なのではない。pour、英語ならforをどうとるか—ローマ皇帝の息子に凌辱されたルクレチア、その復讐を誓う男。加藤はこのpour (=for) は「…ために」などという甘たるい語感でなく、「ルクレチアごときに」(ごときのために)の意味だという。つまり目的・対象でなく、交換を示す前置詞だというのだ。なるほど、その結論は実際に戯曲を読んで決めていただくとして、前置詞の多義性にはほとほと参る。苦しいが前置詞に出会うたびに、その役割を特定する訓練を日常的に重ねなければ、英文を精確に読めるようにならないのも確かだ。というわけで今回は前置詞その2。

1 主な役割


① for
元の意味:時間・空間的に、前に
意味の広がり:目的・対象 ⇒ 交換 ⇒ 関連 ⇒ 期間
目的:work for one's living 生活のために
対象:pity for the poor 貧民に対し
支持:vote for a measure 議案に賛成の
交換:reward him for his service 仕事に
代価:We sold our car for 1000 dollors. 1000ドルで
理由:for this reason 理由で
関連:for my part 私としては
適否:Country is not for me. 私向きで
観点:He looks old for his age. の割には
期間:We stayed there for almost a week. ほぼ一週の間
距離:walk for five miles 5マイル分

② over
元の意味:位置的に、上に離れて
意味の広がり:物理的な上 ⇒ 抽象的な上、上の方 ⇒ 上を蔽って、上に動く ⇒ 動く過程 ⇒ こちから向こう ⇒ 向こうからこちら
空間:A lump hung over the table. テーブルの上に
心理:A sudden change came over him. 彼の心に
接触:spread a cloth over the table テーブル上に
越境:He spoke to me over my shoulder. 肩越しに
超過:He is over 60 kilos. 60キロ超えて
超越:We could hear their voices over the rain. 雨を突き抜け
支配:rule over a country に対する
優先:He was chosen over all other candidates. を尻目に
期間:We stayed there over Sunday. 超えて(月曜まで)
従事:go to sleep over one's work 最中に
関連:quarrel over money を巡って

③ at
元の意味:場所のある一点、
意味の広がり:場所 ⇒ (抽象化し)時間、状態 ⇒ (動きが出て)目的、対象
場所:at the corner of the street 隅に
起点:enter at the back door 裏から
所属:He ia a student at London University. ロンドン大所属の
時間:School begins at 8:30. 8:30から
順序:at first 最初に
方向:point at the house 目指して
対象:The hunter shot at the birds. 目がけて
状態:at ease 寛いで
根拠:at his invitation に応じて
程度:drive at 50 miles an hour 速度で
様態:at a run 駆け足で
関連:He is an expert at chess. に関して
限界:at a maximum 最大限で
原因:Nancy was surprised at the news. を聞いて

④ under
元の意味:広がりを持つ物の、真下に
意味の広がり:真下 ⇒ 蔽って ⇒ 従属
位置:a village under the hill 下の
内側:inject under the skin 内側に
不足:in under two weeks 足らずで
圧迫:march under a heavy load 背負って
支配:bring the revolt under control 支配下に
過程:The road is under repair. 修理中
条件:under present condition 現況では
口実:under an assumed name の形をとって
基準:under the law に基づいて
区分:Whales come under mammals. 分類のうちに

⑤ except
元の意味:例外として、取り出す
意味の広がり:具象 ⇒ 抽象
除外:Everyone except me knew it. 以外の
時間:She is never cross except when she is tired. 時の外は
場所:The weather was good, except in the south. 場所を除いて

⑥ behind
元の意味:静止したものの、背後に
意味の広がり:具体(位置、場所) ⇒ 抽象(時、背後、比較)
位置:a small village behind the hill 向こうの
場所:He closed the door behind him. 後ろ手に
時間:behind the time  遅れて
経験:Two divorces are behind her.  経験して
背後:He has someone behind him. の陰に
比較:We're three points behind the other team. 負けて

⑦ by
隣接:a tree by the house
方位:North by East
準拠:work by the rules
部分:He caught me by the arm.
関連:an Italian by birth
誓言:I swear by God that I will speak the truth.
通過:The car sped by the house.
程度:escape by a hairbreadth
乗除:multiply 8 by 2
単位:one by one
経由:by way of Siberia
運搬:go by train
手段:read by lamplight
主体:a novel by Tolstoy
時限:by five o'clock
期間:by daylight

2 気をつけたい用法


① for:for Lucretia=Pour Lucrece
目的か交換か。文脈依拠

② over:One flew over the cuckoo's nest.
超えて、の上で、の上に。文脈依拠

③ at:a secretary at the information bureau
機能
cf. a secretary of the information bureau
役割、役職

④ under:He tried to get a pencil under the desk.
getは「動かす」、その方向はunder以下
cf. He tried to get a pencil from under the desk.
getは「得る」、fromは起点

⑤ except:I do hope that we will not find a day in the United States when all of us are spectators except for a few who are out on the field.
except forは例外事項、または別項目を導く
cf. Everyone except me knew it.
例外の部分

⑥ behind:The rats scattered behind the curtain.
後ろを、後ろで、後ろに。英語には助詞がないので曖昧。副詞を入れて方向をはっきりさせる。

3 誤訳例


It was blazing fiercely, with flames and clouds of milky smoke, and the smoke was drifting back over the garden with a wonderful scent of autumn and burning leaves.
たき火は、オレンジ色の焔をあげ、ミルク色の煙をたなびかせながら、猛烈にもえさかっていた。煙は秋のすばらしい香りを放ちながら、庭園いっぱいに漂い、木の葉をこがしている。

(解説)
「煙が…漂い…木の葉をこがす」とはどうあっても読めない。いくつか掛かり方が考えられる。

① a wonderful scent of autumnとburning leavesが並列し、with以下は
 1)the gardenに掛かる
 2)drifting backに掛かる
② autumnとburning leavesが並列し、ofでa wonderful scentと結ばれ、with以下は
 1)the gardenに掛かる
 2)drifting backに掛かる
あとは論理と文の流れで② の2)とするのが順当。
修正訳:こがした木の葉から出る煙は、秋のすばらしい香りを含みながら、庭園いっぱいに広がっていた。


… it was about nine o'clock in the evening and the moon was coming up out of a clear starry sky over the houses opposite the station entrance.
(バース駅へ着いた時はもう)夜の九時、駅の出口の、向かい側に並んだ家々のかなたから、澄み切って星々の輝く夜空へと、月が上ってゆく所だった。

(解説)
「家々のかなたから」では、空を斜めに突っ切る感じになってしまう。「月が上ってゆくところ」では下から上へ進行中の感じになってしまう。come upはふつう「下から上へ」だが、この場合out of(中から外へ)と合わさり、「夜空にぽっかり月が浮かぶ」立体的な動きを示している。
修正訳:駅の出口の、向かいの家々のうえに広がる澄み切った夜空に、月がぽっかり浮かんでいた。


There have been a lot of scientific discoveries over the last century.
前世紀に多くの科学上の発見があった。

(解説)
overは蔽ってだが、このthe last centuryは(1)前世期 (2)これまでの百年、のどちらだろう。現在完了が使われているから(2)であ る。前世期と意味するなら、There were 〜といった過去形にするはず。
修正訳:この百年、


Now an editor is a person under a contract with the public to furnish them with the best things he can afford for his money.
さて編集者とは稼ぐために、自分の出来る最上のものを彼ら大衆に供給することを契約している人なのである。

(解説)
このforは目的でなく、交換・代価をあらわす。「自分のお金と交換に」。自分のお金、とは意味が広いが、任された予算ととるのがよいだろう(給料では、話が小さくなってしまう)。
修正訳:予算の範囲内で

前に戻る 次へ進む
ページトップへ