2013年9月号「前置詞 その1」

PDFでダウンロード

0 前説

前置詞は嫌なものだ。onを「上で」、afterを「後に」と一つ覚えしていると、いつまで経っても英文が精確に読めない。基の意味を押さえ、広がってゆく意味を逐一拾ってゆくしか、理解する方法はないだろう。英文をじっくり読み、気になった場合、辞書を丹念に引いて意味を確かめる労を惜しんではならない。要は引き出しをたくさん作ることだ。その手助けにここに記すような「まとめ」を利用するとよい。

1 主な役割


英和辞典をいくつか並べ、自分なりの意味分類をしてみた。だいたいこれで、尽くされているものと思う。

① after
時間:the day after tomorrow 
順序:Repeat this sentence after me.
結果:You must be hungry after your morning's jog.
目的:Run after the thief!
模倣:a picture after Rubens
関連:ask after his health
準拠:My house seems small after yours.

② in
場所:in the street
状態:be sick in bed
着用:a girl in a fur coat
範囲:in this respect
時間:I'll leave in an hour.
手段:write in ink
様態:in haste
同時:in accepting his view
形状:in groups
単位:The eggs were packed in dozens.
同格:You have a good friend in me.

③ to
方向:turn to the right
到達:The tree fell to the ground.
対象:appeal to public opinion
受容:The fact is known to everyone.
限界:be wet to the skin
程度:to some extent
目的:sit down to dinner
結果:freeze to death
感情:He failed, to his dismay.
付属:the key to the door
随伴:dance to the music
構成:25 to the box
比較:I prefer tennis to golf.
対立:sit face to face
対応:reply to my question

④ from
起点:a month from today
出所:light from the sun
原因:suffer from stomach cancer
観点:from what I've heard
分離:subtract 5 from 8
要求:order books from Maruzen

⑤ with
対立:fight with enemy
同伴:tea with lemon
所属:He is with the Los Angels Police.
同意:She voted with the Tories.
同時:rise with the sun
同定:go with the tide of public opinion
所有:a girl with blue eyes
条件:With her permission, he went out.
携帯:I have no money with me.
管理:leave the key with the caretaker
付帯:speak with a pipe in one's mouth
様態:work with diligence
手段:pay with a check
材料:make a cake with eggs
原因:shake with cold
対象:compare the translation with the original
関連:What's with you?

⑥ on
接触:play on the street
所持:His team was on two.
所属:He is on the staff.
従事:They are on the job.
状態:on a strike
位置:stop on chapter 2
接近:a village on the river
支持:stand on one's tiptoe
根拠:on principle
手段:go on bus
方向:spend much money on books
関連:a book on birds
被害:hang up on him
負担:Have a drink on me!
機会:on Christmas Eve
同時:On her death, her house was sold.

⑦ by
隣接:a tree by the house
方位:North by East
準拠:work by the rules
部分:He caught me by the arm.
関連:an Italian by birth
誓言:I swear by God that I will speak the truth.
通過:The car sped by the house.
程度:escape by a hairbreadth
乗除:multiply 8 by 2
単位:one by one
経由:by way of Siberia
運搬:go by train
手段:read by lamplight
主体:a novel by Tolstoy
時限:by five o'clock
期間:by daylight

2 気をつけたい用法


上記の分類が頭に入っていても、文の流れを勘案しないと、取り違えることがよくある。間違いやすい典型的な例を、小説、エッセイ、英語指南書から採った。

① after:追及
“I think I was ripped off this afternoon … Place didn't look this bad when I left. Somebody was after drugs, I guess.  (…を求めて)

*rip off:盗みをする  place:多義に注意、ここでは「アパートの部屋」  this:副詞「こんなに」 

② in:状態
We may ask what was the part of philosophy in shaping the forms of ancient biography.
( …する上での)

*inは、場所 ⇒ 状態 ⇒ 場合と意味が狭まっている。

The idea can only exist in words, and it can only exist in one form of words. (…の形になって)

*inが、場所転じて状態を示す。「言葉の状態で」 ⇒ 「言葉となって」

In attempting to overcome congestion, the leaders of this dispersal have been trying to substitute unlimited space for a well-organized and well-designed community. (…することで)

*本文との同時性を示す。「…する上で」と訳してしっくりこない場合、意訳して因果に変え「…することで」として収まることが多い。ここもそう。

:方向
He acted in his own interest. (…を目指して)

*actという動きをあらわす動詞との呼応で、本来場所を示すinが方向の意味を持つ。

By having a defined role in society each individual may cultivate his ability in that role so that it is better performed, to the advantage of the community. (その役割に応じた)

*場所 ⇒ 状態 ⇒ 状況 ⇒ 条件、と狭まる

③ to:限界
The man who enjoys watching football is to that extent superior to the man who does not. (その分だけ)

*thatはenjoys watching footballを指す  

④ from:出所
A revised edition is expected to issue from that publisher. (…から)

*「から」と訳せるがbyと違って行為主を示さないことに注意。けっこう大学英語教授などでも間違ってしまう。日本語で「から」と置き換えてしまう故だろう。
expect A from Bは「BにAを見込む」
ここはその受身で「出版社に改訂版を出してほしいと読者が思っている」

You expect too much from [of] him. (…に)

*「彼にあまり期待するな」。ofが使われるほうが多い。

⑤ with:場所
She's an air hostess with JAL. (…の)

*「彼女は日航のスチュワーデスだ」

He used to play baseball with the Giants. (…で)

*「巨人と一緒に野球をやっていた」ではおかしい。「巨人で野球をやっていた」

⑥ on:遮断
“Gentlemen,” I announced as I took leave, “up yours.” I closed my door on another wave of subhuman noises, took off my shoes, lay back on the bed and dialed Jenny's number. (…に対して)

*直訳「〜騒音が又押し寄せること《に対して》」。「対して」との訳がつくが、前のcloseとの対比で、遮断が含意される。

So now, when I open a book, it often enough happens that I lay it down, satisfied, on the page at which I opened. (…のところで)

*これもlayとの対比。遮断とまでいかずとも、支点(…を軸にして)と考えればよいか。

⑦ by:単位
His lunchtime with the sausages had been cut by eleven minutes. (…分)

*by 〜 は「…分だけ」

he was paid by the hour. (…単位で)

*by the 〜 は「…単位で」

3 誤訳例


① after:爾後
…; and my plans would not involve touching you at all until after you are dead.
きみが死んだあとまで、きみに干渉するといったことは、わしの計画には入っておらん。

このafterは「…のあと」の意味でなく、untilを強調する役割(なくてもよい)。
「死んでしまうまでは、一切手をつけない」と言っている。

② in:状態 
The hawthorn was exploding white and pink and red along the hedge and the primroses were growing underneath in little clumps, and it was beautiful.
山査子は生け垣にそって、白い花、桃色の花、赤い花、が咲き乱れ、桜草は小さな茂みの下で伸びてきて、それがまたなんともいえない。

grow(自動詞)+ underneath(副詞)+ in little clump(前置詞句)は、動きの場面を副詞で大まかに、前置詞句で具体的に表す。
ここは「桜草が伸びてくる>下の方で>小さな塊の状態で」 ⇒ 「桜草は小さな塊となって下の方で生えていた」

:手段
"Tally-ho!" the Colonel would cry each time he met her at the station in the big car.
「タリホウ!」大佐は駅に彼女を出迎えるたびに大型の自動車から叫ぶのだった。

by bus「バスに乗って」のbyは、大まかにいって立って乗る乗り物に用いる。座り込んで乗るものに、このようにinを使う。「大きな車に乗ってきて」

③ to:独立
Not many of his Sunday sections had a nice elevation like that to work from.
日曜日に出かけるところで、こんなに見事な眺めの土地はざらにない。

二文に分解するとよく分る。Not many of his Sunday sections had a nice elevation like that. I am to work from the nice elevation.
「出かけるところで」ではない。「こんな景色の良い高いところから作業を始める機会はめったにない」ということ。

④ from:依拠
They show the world a mask, often an impressive one, but take care to conceal their selves. They play the part that is expected from them and with practice learn to play it very well, but you are stupid if you think that this public performance of theirs corresponds with the man within.
(著名人は知り合いになろうと寄ってくる人々を扱うコツを身につけている。世間に向けて仮面をつけているのだ。)大抵は感銘を与えるような仮面をつけていて、本当の姿を隠すように努める。世間に期待されているような役を演じ、練習して巧みに演じられるようになるのだ。けれども、こういう世間向けの演技を彼らの本当の姿だと受け取るのは愚かなこ
とだ。

2でとりあげたexpect A from B(BにAを見込む)の形。訳文はthemをthe worldととり、「世間に期待される」 ⇒ 「世間によって期待される」(行為主が世間)と考えているようだ。byならそうとれようが、fromには行為主の意味はない。このthemはthey(この前に出てくるthe celebrated:有名人)。themselvesの略形。しつこく書けば「有名人は、有名人であるということで、(世間から)期待される役割を演じている」。まだ分かりにくいというなら、このように復元してみよう。The celebrated play the part that is expected from themselves (by the world).またはThe world expects the part of the celebrated from themselves.
「世間は有名人に有名人らしいイメージを求めている」ということ。

⑤ with:対象
He said that twenty-five years before, when in india, he had fallen in love with an Indian woman.
彼は、25年前インドにいたときインドの女性と恋におちた、と言った。

fall in love with 〜 のwithは目的・対象を示す「…に対し」。相思相愛を含意するわけでない。両想いをはっきりさせたければ、each otherなどと付け加える必要がある。

⑥ on:接触
She died trying to creep on her berry under the lowest wire, and I must say I thought this a very fair reflection upon the way in which she lived her life.
彼女は、腹を上にしていちばん低い電線の下を通ろうとして死んだ。この死にかたは、彼女が生きた一生の姿をみごとに反映したものだ、と私は思った。

onは接触を示す。「這う」行為で腹が接触するのだから「腹ばいになって」

I was right inside this enormous mouth, lying on my stomach along the length of the tongue, with my feet somewhere around the back of the throat;
私はこのばかでかい口のなかに吸いこまれ、胃が長い舌の上に、脚は喉の奥あたりにあった。

lying(寝そべる)、on my stomach(自分の胃を接触させて)、along the length of the tongue(舌の全長をずっと)
だから「舌が長い」わけではない。「舌全体に腹ばいになって」

⑦ by:部分 
Then, holding it by the toe, he flung it hard and straight through the dining-room window on the ground floor.
それから、そいつを爪先にひっかけて、力一杯けりあげ、一階の食堂の窓へぶちあてた。

これは2で説明したby the 〜 (…単位で)ではない。holdする、it(それ:靴のこと)を、by the toe(部分)と読む。「靴の先っぽ を掴んで」。

前に戻る 次へ進む
ページトップへ