2013年1月号「asのいろいろ」

PDFでダウンロード

デュ・モーリアの名作「レベッカ」は、ありふれた若い娘が苦み走った中年の貴族との恋を通し、試練を乗り越え幸せをつかむ話しだが、そのミュージカル版台本を読んでいて、分からないところが出てきた。
貴族のマキシムがアメリカ名流、ヴァン・ホッパー夫人のお付きである「私」に話しかける場面。


MAXIM(to “I”):
 What do you think of Monte Carlo?
“I”:
 Well, I…find it sort of artificial…
MRS. VAN HOPPER:
 She’s spoiled, Mr. De Winter. Most girls would give their eyes for the chance of seeing Monte.
MAXIM:
 Wouldn’t that rather defeat the purpose?
マキシム(「私」に):
 モンテ・カルロをどう思いますか。
「私」:
 そうですね…ちょっと人工的というか…
ヴァン・ホッパー夫人:
 生意気なんですよこの娘、ウインターさん。普通の娘ならモンテを見に行けるというだけで、何だってするというのに。
マキシム:
 そうしたら目的を達せられないのではありませんか。

「何だってする」ことが「目的を達せられない」とはどういうことだろう?しばし悩んだ。そうか、give one’s eyes for=イディオム「…のためなら何でもする」と機械的に置き換えるからいけないのだ。文字通り「…のためなら自分の目を与える」と読めば、マキシムの答え「そんなことをしたら、モンテを見るという当初の目的を達せられなくなります」と繋がる。イディオムと文字通りの意味を交えた皮肉なのである。
as it isやas you knowも「あるがままに」、「ご承知のように」と紋切型に訳していると、足をすくわれることがある。今回はそのあたりを重点的に。文例は、私の読んできた英文と愛読する英語指南書各編から採った。
1 品詞


①副詞:同じ程度
Jim runs fast, but I run just as fast (as Jim [does(=runs)]).
「ジムは速く走るが、私も同じぐらい速く走る」
② 接続詞:程度、様態、理由、時、比例、譲歩
He is now as tall as his father.
「彼はもう父親と同じ背の高さだ」
③ 関係代名詞:相関的、先行詞を指す
As appears from this essay, he is well versed in French literature.
「この随筆から分かるように、彼はフランス文学に造詣深い」
④ 前置詞:…として、…であると
She is famous as an essayist.
「彼女は随筆家として著名だ」

2 副詞としてのas


Tom is as tall as I am.
指示副詞「その分だけ」。どの分だけ、と言われれば後のas以下の分だけ。後のasは接続詞「…と同じ」。
Tom is as tall as me.
これも指示副詞。後のasは前置詞ともas I amの縮約形で接続詞ともとれる「…と同じ」。
He has as many as I have. → He has as many.
指示副詞。後のas以下はなくても分かるので省略された形。
Take as much as you want.
指示副詞。ふつうas much as 〜 は「…と同量」で多さを含意するものではないが、ここでは動詞wantにより「望んでいるのと同量」→「欲しいだけ」と多さを感じさせる。
I can do it as well (as you).
指示副詞。
Socrate’s conversation as reported by Plato.
直前の名詞を制限し「…するような」「…した場合の」の意味になる。
「プラトンが叙したものに見られるソクラテスの会話」

3 接続詞としてのas


It is not so easy as you think.
連関詞「…ほど−でない」*様態
the origin of schools as we know them
「我々がそういうものと認識している学校の起源」→「我々が知っている学校、の起源」them = schools *同一
He came up as I was speaking.
「話しているやってきた」 *時
As you are sorry, I’ll forgive.
「謝ってるから、許してあげる」 *理由
Young as he was, he was able.
「若い、彼は有能だ」 *譲歩
such liquors as beer= liquors such as beer
「ビールのような酒類」 *実例 (前置詞とも取れる)

4 関係代名詞としてのas


Such men as (=Those men who) heard him praised him.
連関詞such 〜 as「…のような−」*「ような」との訳は付くが「似ている」でなく、具体例を示す。
This is the same watch as I have lost.
連関詞the same 〜 as「…である−」
He was late, as is often the case with him.
asの先行詞は前節全体「彼にはよくあることだが、また遅れた」
It was him as did it.
強調構文(cf. He did it.)。

5 前置詞としてのas 「…として」「…と同じ」


He appeared as Hamlet.
「彼はハムレットとして現れた」(役柄がハムレットだったのだろう) 
It is as white as snow. → It is white as snow.
「雪のように白い」 後の文は指示副詞の省略。 
We lived as a saint.
「聖人の暮らしをした」 
We looked upon him as quite old.
連語look A as B「AをBとみなす」

6 見分け方


City life, as we know it, is at present unnatural and become increasingly so in modern conditions.
接続詞。itはcity life。as以下が独立文になっている。「我々がそのようなものとして認識している(都会生活は…)」→「我々が知っているような都会生活は、現在不自然なものとなってきており、現在の状況ではますますそうなってきている」

Industry, as you know, began in 1765, when 〜
関係代名詞。先行詞はIndustry began in 1765「ご承知のように、産業革命は1765年に始まり…」

The writer must present life as it is.
asは接続詞「…のように」副詞的にpresentに掛かる。itはlife。present A as Bの連語(AをBのように示す)
「作家は人生を、人生が現に存在するように示さねばならない」→「あるがままに示さねばならない」

He is not satisfied with life as it is.
asは接続詞「…のような」形容詞的にlifeに掛かる。itはlife。「彼は、人生が現に存在するような人生に満足していない」→「あるがままの人生に…」

7 演習


① That impressed me as a child.
 「子供としての私」→「子供の頃の私」
 The students in the room rose as one man.
 「一人の人間として」→「一斉に」
② He worked as a slave.
 「奴隷として」
 He worked like a slave.
 「奴隷のように」
③ We had completely misjudged the situation, as we later discovered.
 「状況を見誤った、そのことはあとで分かったのだが」
As Europeans go, the English are not intellectual.
 「ヨーロッパ人にしては、イギリス人は知的でない」
⑤ It was difficult enough to keep myself from getting depressed as it was, without having even more solitary time on my hands.
 itは状況。「手に余る孤独の時間がこれ以上なくとも、現況のままでも、鬱屈せずにいることが大変だった」
⑥ I want to marry a girl as nice as Mary.
 「マリーと同じ素敵な娘と結婚したい」→「マリーのような娘と結婚したい」
 I want to marry a girl like Mary.
 「マリーに似た素敵な娘と結婚したい」→「マリーのような娘と結婚したい」
⑦ Written, as it is, in plain English, the poem is easily understood.
 itはthe poemを指す。「その詩が現にそうであるように…」→「現に平易な英語で書かれているので、その詩は理解しやすい」
⑧ I’d go with you if I were free, but as it is, I can’t.
 itは状況を示す。「時間があればご一緒したいのですが、実のところ無理なんです」
⑨ If the scandal were true, it would be fatal to him: even as it is, his reputation is on the wane.
 itは状況。「状況が現に存在するように…」→「その醜聞が事実なら、彼には致命傷だ。今のままでも、名声は欠けているのだから」
As I thought, ostriches do not fly.
 順接。「私が思っていたように、ダチョウは飛ばない」
 striches do not, as I thought, fly.
 逆接。「私は飛ぶと思っていたが、ダチョウは飛ばない」
 Ostriches do not fly, as I thought.
 順接または逆接。「私が思っていたように、ダチョウは飛ばない」または「私が思っていたのと違って、ダチョウは飛ばない」
 Ostriches do not fly, as you claim.
 強い主張の言葉が来て、逆接。「君は飛ぶなどと言うが、ダチョウは飛ばない」

前に戻る 次へ進む
ページトップへ