2010年3月号(第8回)『little、fewなどの両義性』

PDFでダウンロード
2010年3月号(第8回) 『little、fewなどの両義性』
 一つの単語が、二つの品詞を兼ねることがある。すんなり訳せる場合はよいが、意識しないと訳が曖昧になることもあるので、いくつか検討してみよう。文例は①から④までは『英文解釈教室』、⑤⑥⑧は各種英和辞典、⑦は拙著テキストから採った。

Very little is known about him.
Specialization of function has its dangers but it enables man to achieve far more than he would if everyone were an all-round man.
Surely every man deserves the study of a biographer. As much is to be learned from the ordinary as from the extraordinary.
He offered more than could be expected.
There is more money than is needed.
Things went better than had been expected.
We have, however, more and better materials, sometimes, than we are aware of.
More people own houses than used to ten years ago.

[解説]
「彼についてはほとんど知られていない」

little は、副詞 very(とても)に修飾される形容詞としての意味(少しの)と、is known の主語としての名詞の意味(少しのこと)の両面がある。
「職務の専門化には危険性もあるが、一人で何でもやる場合以上のことを出来るようにしてくれる」

more は、副詞 far(ずっと)に修飾される副詞としての意味(より多く)と、than 以下の節の目的語としての名詞の意味(多くのこと)の両面がある(He would achieve more if 〜)。than は、接続詞または目的格の関係代名詞(理屈の付け方次第)。
「どんな人の伝記も研究する価値があるのは確かだ。偉人からと同様に普通の人からも同じ位のことを学びうる」

much は、指示副詞 as(それだけ)に修飾される形容詞としての意味(多くの)と、is to 以下の主語としての名詞の意味(多くのこと《正確には、あとの as 以下と「同じ量」だが》)の両面がある。あとの as は、前置詞(…として)。
「彼は思っていた以上のものをくれた」

more は、動詞 offer に掛かる副詞の意味(より多く)と、 than 以下の主語となる名詞としての意味(より多くのもの)の両面がある (More could be expected.)。 than は、接続詞または主格の関係代名詞。
「必要以上の金がある」

than は、more than 〜 と連語を成す接続詞としての意味(…より)と、 is needed 以下を導く主格の関係代名詞としての意味 (money is needed.)の両面がある。
「物事は思ったよりもうまくいった」

better は、動詞 went に掛かる副詞としての意味(よりよく)と、 than 以下の主語としての名詞の意味(よりよいこと)の両面がある (a better had been expected.)。than は、接続詞または主格の関係代名詞。
「だが、我々は時として自分たちが気づいている以上の量的にも質的にも優れた材料を持っているものだ」

than は、more and better than 〜 と連語を成す接続詞としての意味(…より)と、we are aware of 以下を導く目的格の関係代名詞 We are aware of materials.)としての意味の両面がある。
materials は、more and better に修飾される場合と we are aware of の目的語の場合では実は違う materials を示しているのにお気づきだろうか。
十年前よりも多くの人が自宅を持っている」

さてこれは引っかかる。
than は、morethan 〜 との連語を成す接続詞としての意味(…より)なのは確かだが、used to ten years ago を導く主格の関係代名詞とはとれない(Houses used to own ten years ago. では、意味がおかしくなる) 。 more はこの場合、文修飾。more than 〜 の間の省略部分を復元すれば、people own houses now people used to own houses ten years ago が入るはず。than の前後の文と文を比較(持ち家率について現在と昔を)しているのだ。この than は他の例と違って、品詞の両面性があるわけでないのである。


 

前に戻る 次へ進む
コラムトップに戻る
ページトップへ