Patent:lying open 執筆者:鯛焼き

 特許権のことを英語ではpatentと言います。これはラテン語で、lying openを意味するらしいです。このpatentという言葉が、なぜ、特許権になったのでしょうか。  その昔のイギリスの話になります。エリザベス女 […]

英文をスラスラ読めるようになるには必ずしもサウナに入る必要はない 執筆者:堀エマソン

皆さん、こんにちは。家ではしばしばノンアルコールビールを持ち込んで長風呂をしてしまう、堀エマソンです。 今回のタイトルを見て「あれ?」と思った方もいらっしゃるでしょう。前回の最後に、今月は「聖地巡礼 ~静岡の名サウナ・し […]

謹賀 執筆者:中村優子

 さんざん言い尽くされもううんざりされているところかもしれませんが、新時代を迎え、みなさまあけましておめでとうございます。  平成2年生まれの私にとって、改元は初めてのイベント。大型連休中ということもあり、年末年始休みの […]

特許権、広くか狭くか。 執筆者:鯛焼き

 特許権は、「人の発明を真似して商売してはいけませんよ。」という、比較的単純な権利なんですが、少しだけ、ややこしいところもありまして、今回は、この事についてお話をしようと思います。  特許の世界では、発明は言葉で表現され […]

執筆依頼とバートルビー 執筆者:中村優子

 2月のある日、柴田先生からメールが届きました。私は一昨年の夏に「英文精読ゼミ」を修了し、その後も勉強会等のご連絡はいただいていたものの、なかなか出席できておらずすっかりごぶさた。何かしらと思いメールを読んでみれば、ブロ […]

「きっかけ」 執筆者:鯛焼き

みなさま、初めまして。第1週を担当することになりました「鯛焼き」と申します。昨年3月から「英文法ゼミ」を受講させていただいております。1年間、よろしくお願いいたします。 私は弁理士の端くれでもあります。弁理士と言いますと […]