英文解釈教室8.2 例題(1)~前回からの続き~ 執筆者:TOIEC満点、プロ家庭 教師(ももべる)

前回までに引き続き、英文解釈教室(正編)p.147の⇒を追っていきます。解説部分5行目に⇒8-2-1(改訂版6刷では8-1-1となっていますが32刷では訂正されています)とあるのでp.144へとびます。この例文が「Chapter 8②S’+分詞、etc」の最初の例文なので、先にp.143の説明をみることにします。
p.143にはThere are nine planets, the earth being one of them.という文について以下のように解説があります。

nine planets=the earthという解釈が不可能な場合、…, the earthまで読んだ段階で、the earthがS’で、P’が後に続く※1のではないかと考え、後に続くbeingがthe earthに対する修飾の分詞になっていない※2ことからthe earthをS’、beingをP’と解釈します。

※1 There are nine planets, the earth is one of them.というように2つの文をカンマでつなぐのは原則として誤り (コンマをセミコロンにかえれば正しい文になります)なので、SではなくてS’がくると予想します (例外については英文解釈教室・入門編p.131の4~8行目、同p.169下から3行目~p.170の3行目を参照してください)
※2名詞+beingでbeingが名詞を修飾する分詞として働く場合はthe man being put in that situation (そのような状況に置かれている男)のように後に過去分詞が来る場合が多いです

この考え方で正編8.2.1の例文(p.144)を読んでみます。
…the life of every one of us, the most important economic activityまで読んだ段階でthe life of every one of us=the most important economic activityではないことからthe most important economic activityがS’であとにP’がくるのではないかと予想します。後に出てくるbeingが、後ろに過去分詞がなく意味から考えても前の名詞に対する修飾の分詞ではないので、P’であるとわかります。

次にp.147にもどって8.2例題(1)の英文に適用してみます。
…older and younger people, all of themまで読んだ段階で、older and younger people=all of themではない(代名詞を使った言い換えで、all of themがolder and younger peopleを説明しているわけではない)ことからall of themがS’で後にP’がくるのではないか、と予想します。beingがすぐあとにきて、themに対する修飾の分詞ではないことは明らかなので、beingがP’となり、all of them being以下が前の文とつながる分詞構文であることがわかります。

柴田耕太郎「英文教室」HPはこちら