『ゴースト~天国からのささやき』 執筆者:英語資格三冠王

今回は、私の周りでは賛否両論のある作品『ゴースト~天国からのささやき』を紹介します。こちらは米国CBSで2005年から2010年まで放送されたドラマです。
ジャンルとしてはヒューマンかな、と思いますが、題名からもわかるようにゴーストが毎回登場します。ゴーストがどうしてもダメ!という友人が多く、どんなにこのドラマの良さを説明しても、視聴する勇気がでない、という残念な結果が続いています

基本的なストーリーを説明すると、ジェニファー・ラブ・ヒューイット演じる美しいメリンダはアンティーク・ショップを経営しています。心優しい夫のジムと二人で幸せに暮らしているのですが、彼女は霊が見え、会話もできるという特別な能力があります。物語は毎回、霊が抱える「心残り」の解消を手助けし、霊を天国へ旅立たせるお手伝いをして終わるという形を取っており、概ね一話完結型のストーリーです。
死者たちは本当にメッセージを伝えたい相手に直接話しかけることができないので、メリンダを頼って現れます。この「人助け」は理解されないことも多く(他人からはメリンダが独り言を言っているようにしか見えないので)、メリンダは毎回のように苦しむことになります。

このドラマの魅力は、死者が自分のメッセージを大切な相手にしっかり伝えることができ、誤解を取り除くことにより残された家族や友人がまた生きる希望を取り戻す姿です。
残された人の中には喪失感だけでなく、自分が殺したようなものだ、と自分を責め続けている人もいるのですが、メリンダによってそんな心の重荷を取り除くことができるわけです。
また、もうひとつの魅力は、メリンダの夫のジムです。この人が本当にうっとりするほど心優しく、頼りになり、常に誠実で、まさに理想の旦那様なのです。疲れたときにジムがいてくれたらどんなに癒されるかしら、とつい考えてしまうほどです。

このドラマはシーズン5まで制作されていますが、だんだん話の内容が暗くなったり、複雑になったりしていきます。シーズン2くらいまでが楽しいかもしれません。突然出てくる霊に拒否反応がおこらなければ、楽しく視聴していただけるのではないかと思います。

原題は『Ghost Whisperer』といい、日本ではDlifeやFOXで視聴できるほか、DVDも販売されています。

参考サイト:
Dlife: http://www.dlife.jp/lineup/drama/ghostwhisperer_s5/
FOX International: http://tv.foxjapan.com/fox/lineup/prgmtop/index/prgm_cd/68

 

柴田耕太郎「英文教室」HPはこちら