スポーツの英語 執筆者:中村優子

 やっとこのブログにふさわしいことが書ける気がします。
 今カタールにて世界陸上が開催されています。(更新される頃には終わっているはずですが。)その大会では優勝した選手のコメントが公式サイトにアップされるのですが、私は今回それを翻訳する仕事を某雑誌編集部から引き受けています。
 翻訳と言っても、字数の制約があるので、すべてを忠実に訳すのではなく、場合によっては意訳して、選手コメントとしてまとめます。
 これが難しい作業でして、まず優勝者が英語ネイティブとは限らないですし、現地でインタビューして公式サイトに載せる文を書いている人もネイティブではない人が多数いるようなのです。これは仕方ないことで、書いている人は開催地の人のはずなのです。私も日本で国際大会が開催されたときに、インタビューして英語でコメントを出したことがあります。世界のどこかでそれを読んだ人にはどう思われたことやら…。なので、必ずしも正しい英語ではないものの意味を読み取って日本語にしなければなりません。そのためレース内容を把握しておいたほうがよいと思い、連日深夜遅くまでTV観戦に励んでおりたいへん寝不足です。
 さて翻訳作業に関しては、そんなに長い文でもないので辞書を使うなどして十分やっていけるのですが、たまに陸上独特の表現が出てきて、そういうときには少し困ります。たとえば中長距離では「push」「kick」という単語が頻出するのですが、普通に使われる意味とは少し違うようなのです。「push」については、主にレース前半の位置取りで前に出ること(それにともなって身体接触も生ずるのでこの単語なのでしょうか)、「kick」は主にレース終盤で「足を使う」こと、蹴る対象は地面で、ペースアップのニュアンスが含まれているように思います。このあたり、なんとなく話の流れでそうだろうな、と思っているのですが、うまく説明している方はいないですかね?
 眠いまぶたをこすりながら、もう少し精進していきたいと思います。