特許権、広くか狭くか。 執筆者:鯛焼き

 特許権は、「人の発明を真似して商売してはいけませんよ。」という、比較的単純な権利なんですが、少しだけ、ややこしいところもありまして、今回は、この事についてお話をしようと思います。
 特許の世界では、発明は言葉で表現されます。単なる慣習ではないかと思いますが、発明をひとつの文として記載するのが通常のようです。この「言葉で表現された発明」を「真似して商売してはいけませんよ。」というのが、特許権という権利ということになります。
 さてさて、問題はこの「言葉で」という点にあります。具体的な発明品やその見本ではなく、記載された一文をもって、発明を理解してもらわなければいけないのです。どんなにキッチリ書けたとしても、行き違いやら誤解やらは起きますし、ましてや、キッチリ書くこと自体もなかなか難しそうです。
 ところで、発明は、より抽象的に記載すると、より多くのものを含ませることができ、より具体的に記載するとその反対になります。特許をとりたい人の立場では、より多くのものを含められるよう、できる限り抽象度の高い文章で発明を記載したいと考えることになります。しかし、一方、発明していないことまでを含めることはできません。そこで、言葉を適切にチョイスして、そのギリギリとなる抽象度で発明を記載するよう努力するわけです。どうですか。なかなか難しそうでしょう。
 しかし、残念ながら、このように努力して記載された発明も、意図どおりに理解されるとは限りません。ちょっとした言葉の問題で、発明を真似するライバル企業を止められなかったりしてしまうことがあります。これは、結果から見れば、ライバル会社の製品を含むようには、うまく文章化できていなかったということになってしまいます。残念ですが。
 もちろん、言葉ですので、解釈上の問題も発生します。しばしば、特許権者は、ライバル会社の製品が発明に含まれるように解釈し、ライバル会社は自社の製品が発明に含まれないように解釈します。端から見れば、些細と思えるような言葉の解釈をめぐり裁判が繰り広げられることも少なくはありません。多くの特許裁判はこのようなものなのです。
 発明をどのように記載すべきか。発明をどのように解釈すべきか。その何れもが言葉の問題なのです。少しだけややこしいでしょう。これにさらに翻訳という問題が加わったら、、、。言葉をめぐり四苦八苦する日々はつづく。

以上。