クリストファー・ロビンの王国 執筆者:水野美和子

 まだ肌寒い4月の朝、私は井の頭公園近くのカフェに入った。
 薄暗い店内を見渡すと、隅のテーブルで、もう空になってしまったお皿を見つめて、ほおづえをついている彼の姿があった。甘いもの好きの食いしん坊だから、もしかするとケーキをもう一皿、注文したいな、と考えているのかもしれない。彼はゆっくりと顔を上げてこちらを見た。

 「おはよう、美和子さん」
 「ごめんね!遅くなって」

 彼はこくりと頷いた。軽くて小さな身体の割に、どっしりと落ち着いた構えで、飄々としていて、今にも鼻歌を歌いだしそうな雰囲気は相変わらずだ。お待たせして申し訳なかったのだけれど、そういえば彼は「なにもしないでいること」も、わりと好きだったっけ。
 彼とは長い付き合いだ。子供の頃はしょっちゅう会っていた。最近は、あまり会わなくなってしまったけれども、会えば日常の緊張がほぐれていくし、マイペースな彼の態度から学べることが沢山ある。
 私もお茶とケーキを注文してから、ついつい、最近の出来事を話しはじめようとしてふと、彼に私の仕事の話をしても、どのみち細かいニュアンスを理解してもらえないのだと思い出した。
 彼が、正しく理解できる事柄は、子供時代独特の根源的な関係や感情ばかりなのだから。

 そこで、すぐに本題に入ることにして、カバンから本を二冊取り出した。
 一冊は日にやけてこげ茶色になってしまった、古い岩波少年文庫版『クマのプーさん』で、もう一冊は原書の『Winnie-the-Pooh』だ。

 「今度、この二冊をゆっくり読み比べるブログを始めたいと思っているの」
 「こっちは、ずいぶん古いものですね」

 「子供の頃に買ってもらったものでね。はじめはがっかりしたのを覚えている。」
 「どうしてです?」 彼はちょっと悲しそうに言った。
 「友達のうちで、ディズニーアニメの絵本を読んでいたから…」

 それは2つ年上の女の子で、ひろこちゃんと言った。
 ひろこちゃんは、沢山のおもちゃだけではなく、沢山のディズニー絵本を持っていた。
 『プー』の他にも、『白雪姫』、『シンデレラ』、『アリス』、『ピーターパン』、『わんわん物語』、『101匹』、『アーサー王物語』を見せてもらった。色が鮮やかで、輪郭がくっきりしていて、今にも動き出しそうなディズニーの絵は、何よりも素敵なものに思えた。ディズニーのプーは赤い上着を着て、ハチミツに囲まれて、うっとり幸せそうな顔をしていた。

 「だから、こんなの『プー』じゃない!と父に文句を言ったの。
  もちろん、シェパードの挿絵のプーの方に、ずっと味があるってことは、今ならちゃんとわかるのだけれどね。

  そうしたら父が、「これこそが、本物のプーなのだ」って熱く語るのよ。
  一体全体、「本物」とは何のことを指すのか?と、子供なりに一生懸命考えたよね…。」

 彼は短い前足をのばして、もう一冊の本の表紙に触れた。

 「こっちは同じ絵柄だけど、きれいな色が塗られていますね」
 「これは挿絵のシェパード自身が、後になって自分の絵に色を付けたもの。
  挿絵の数も多くて、パラパラとめくっていくだけでも楽しいでしょ?
  前から、石井桃子訳と原書を比較してゆっくり読み比べてみたかったんだよね…」

 いつもの鷹揚さで彼は、細かいことはよくわからないけれど、やってみたら良いのじゃないかと言いました。

 

 というようなわけで、やってみました。

*      *      *      *      *

【1章:わたしたちが、クマのプーやミツバチとお友達になり、さて、お話ははじまります】

あらすじ:
 ・ぬいぐるみのクマのプーがクリストファー・ロビンという男の子に連れられて登場し、
 ・語り手であるクリストファー・ロビンのお父さんが、「プーのお話」をする。
 ・森の中に住むプーは、高い木の上にあるハチミツを食べたくて、木に登ったり、親友のクリストファー・ロビンの助けを借りて、空飛ぶ青い風船につかまって雨雲のふりをします。

1.「どんどん」は、すばらし

 ハチミツをもとめてプーさんが高い木に登るシーンです。

原文:
 He climbed and he climbed and he climbed, and as he climbed he sang a little song to himself.

石井桃子訳:
 プーは、どんどん、どんどん、のぼっていったが、のぼりながら、みじかい歌をうたった。

 機械的直訳だったら、「彼は登ったそして彼は登ったそして彼は登った、そして彼は登りながら小さな歌をコッソリ歌った。」でしょうかね。それが「どんどん」を使うだけで、雰囲気が伝わりかつ、短い文で済むとは!

2.「顔が赤くなる」

 プーの物語の中に自分も登場した時のクリストファー・ロビンの反応なのですが、

石井桃子訳
 クリストファー・ロビンは、なんにも言いませんでした。クリストファー・ロビンの目は、だんだん、だんだん、大きくなり、顔もだんだん、だんだん、赤くなってしまったんです。

原文
 Christopher Robin said nothing, but his eyes got larger and larger, and his face got pinker and pinker.

おお、英語ではこういう場面では「赤面する」のではなく「ピンク顔する」(?)なのかー!と驚いた次第です。英語と日本語での「色表現の違い」を調べるのも面白そうです。

3.ほんとのお話

 物語の中では、プーばかりかクリストファー・ロビンも、結構本質的な発言をします。

石井桃子訳:
 プーは、なんどでも(お話を)ききたがるんだよ。
 お話してもらうときのは、ほんとのお話で、
 ただおぼえてるのなんかと、ちがうんだもの。

原文:
 So that’s why he likes having it told to him again.
 Because then it’s a real story and not just a remembering

 ・・・と、クリストファー・ロビンはすべて「プーが喜ぶから」、もっとお話をしてほしいとお願いしているのですが、その少し前でも、面白いことを言っています。

原文:
 ‘I do remember, and then when I try to remember, I forget.’

石井桃子訳:
 「おぼえてるよ。だけど、ぼく、思い出そうとすると、忘れちゃうんだ。」

 

 子供が「お話してもらう」のは、大人が「読書」するのと似たような体験ですよね。
 クリストファー・ロビンの言葉は、知識として記憶することと、読み進みながら感じる体験とは、また別のものだとい うことを思い出させてくれます。

4.あたらなかった?=Did I miss?

 ハチミツを求めて、飛ぶ風船にぶら下がっていたプーは、しばらくしてから地上へ降りたくなって、クリストファー・ロビンに風船を銃で撃つようにお願いします。
 せっかくの風船をだめにしたくなかったのですが、プーをだめにしたくはなかったので、仕方なくクリストファー・ロビンは風船を狙って撃ちます。すると、

石井桃子訳:
 「あ、いたッ!」と、プーが言ったから、「あたらなかった?」ときくと、
 「ぜんぜん、あたらなかったわけじゃないけど……風船にはあたらなかった。」

原文:
 ‘Ow!’said Pooh.
 ‘Did I miss?’ you asked.
 ‘You didn’t exactly miss,’ said Pooh, ‘but you missed the balloon.’

 日本語で読んでいた時は、クリストファー・ロビンが誤ってプーを撃ってしまったことで、お互いに気づかいあっているのだと思っていました。でも、原文では、プーがクリストファー・ロビンの射撃が下手だと言わないように気づかっているように読めます。

5.Deceive=だます

 プーは風船の色を、青にするか、緑にするか、悩んだ末に、クリストファー・ロビンへこう言います。

原文:
 ‘I shall try to look like a small black cloud. That will deceive them.’
 ‘Then you had better have the blue balloon.’

石井桃子訳:
 「ぼく、ちいさい黒雲になってみよう。そうすりゃ、やつら、だまされますよ。」
 「じゃ、青い風船のほうがいいね」

 初めて読んだ頃、「だます」という言葉が、のんびりとしたプーの物語に登場したことに、ちょっとだけ違和感があったのを思い出しました。

 

6.今回のまとめ

 ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
 こうして日英読み比べをしてみて改めてわかったのは、音の響きを大切にした石井桃子訳のすごさと、原作の面白さと、日英表現の違いの面白さです。
 クリストファー・ロビンという男の子の不思議さも気になりましたが、それはまた次回に♪