初めに②:主宰者 柴田耕太郎

『英文解釈教室・改訂版』の著者伊藤和夫について簡単に紹介しておきましょう。 伊藤和夫は戦時中のため試験がなく、推薦で旧制第一高等学校に入った秀才。 当時は旧制帝国大学の学生数のほうが高等学校の定員より多く、文学部などはだ […]

初めに①:主宰者 柴田耕太郎

翻訳会社を経営して30年余。 「商品になる英語」と格闘してきました。初めのころ顧客からのクレームが多く、それを翻訳者にぶつけると「自分は間違っていない。悪いのは顧客の理解力だ」との返答が返ってきます。 途方に暮れ英文とに […]