次の文章を正しく読む自信がありますか

I never travel without books either in peace or in war. Yet many days or months will go by without my using them. Very soon, I say to myself, or tomorrow or when I feel like it. Meanwhile time runs by and is gone, and I am none the worse. For you cannot imagine how much ease and comfort I draw from the thought that they are beside me, to give me pleasure when I choose.

1. このbookは、何冊ぐらいでしょうか。
2. manyは、どの名詞を修飾していますか。またそれはなぜですか。
3. 三つのorの意味はどう違うでしょうか。
解答はこちらから

主宰者の著訳書の一部

連載

「モリエールのことば」

人生の糧になる台詞を抜き出し(柴田訳『モリエール傑作戯曲選集』より)、 自身の翻訳生活と絡めて綴るエッセイです。
2020年7月号(2020.7.5)

新旧訳読み比べ (毎月上旬掲載)

誤訳・悪訳の宝庫だった早川版『ロアルド・ダール短編小説集』の新訳が出始めた。 新・旧訳を比べることで、読者の英文読解力の向上を目指します。
2020年7月号(2020.7.5)

英文解釈教室[改訂版]・[新装版]比較 新連載(毎月中旬掲載)

最も優れた英文読解指南本の一つである『英文解釈教室[新装版]』とその旧版[改訂版]を比較し、どこがどう直され、それはどうしてなのかを検討します。
(7月11日掲載)


イベント・セミナー情報

土曜公開セミナー

決定版「読解の基本」(新シリ-ズ)
学校英語に飽き足らない英語上級者が対象です。 お金のとれる英語の真髄を伝授します。 毎月一回ごと完結ですが、連続して受ければ英文読解力が20%アップするでしょう。
詳細はこちら

会員限定翻訳勉強会

『英文教室』の在籍・卒業生を対象とする 技術の研鑽 、情報の共有、仕事の獲得が目的です。
詳細はこちら

日本出版学会出版翻訳研究部会

柴田耕太郎が部会長を務めています。
「選集の翻訳―ライプニッツをめぐって」(仮題)
演者:十川治江(工作舎)
コロナを鑑み延期していましたが、秋に開催検討中です。

[英文法ゼミ]

『英文解釈教室・改訂版』とオリジナルテキストによる文法講義です。
詳細はこちら

[英文精読ゼミ]

名文家のエッセイ100題を腑分けするように読んでゆきます。
詳細はこちら

[フィクション翻訳ゼミ]・[ノンフィクション翻訳ゼミ]

月一回×二コマで、新たに始まりました。希望の方は事務局にお問い合わせ下さい。
詳細はこちら

柴田耕太郎新著のお知らせ

『モリエール傑作戯曲選集 第3巻』

2020.3月発売になりました。
詳細はこちら



ページトップへ